この区別

286 の用例 (0.00 秒)
  • この区別は、また意識されている言語学的事実さえもしばしば無視する。
  • そこで僕はこの区別を大いに不都合だと思いながら、母のそばに残った。 モーパッサン/杉捷夫訳『くびかざり』より引用
  • たしかにそういうことはあって、我々もこの区別を無視するわけではない。 八木誠一『キリストとイエス―聖書をどう読むか』より引用
  • しかし、より成虫と幼虫の形の差が少ない群ではこの区別は困難になる。
  • この区別はカントの考え方の至る処に、体系的に貫かれているのである。 戸坂潤『道徳の観念』より引用
  • この区別による特に大きな影響として、旅行に対する待遇が挙げられる。
  • この区別は岩手県などの旧南部藩地域の方言に残っているものである。
  • だが、どの文化にもこの区別が存在するという意味では普遍的である。 内田隆三『社会学を学ぶ』より引用
  • 古典に於てこの区別は必ずしも伝統的ではなかったことを記憶しなければならない。 戸坂潤『科学方法論』より引用
  • この区別は鎌がヨーロッパに入ってきた当時には既にあったと考えられている。
  • 言葉そのものが、この区別をするのに不足のように思われますね。 フランス/岡野馨訳『舞姫タイス』より引用
  • 以下では、この区別に従って1991年の作品について主に記述する。
  • しかしながら実はこの区別は経済学には完全に適用せられる。 ワルラス・マリー・エスプリ・レオン『純粋経済学要論』より引用
  • しかしながら、この区別は近現代の哲学に適用した時にだけ意味を成しうる。
  • さらにこの区別は従来の存在論への根本的な批判である。 細川亮一『ハイデガー入門』より引用
  • 哲学のこの区別は歴史的事実としてはなる程事実である。 戸坂潤『イデオロギー概論』より引用
  • そうすればこの区別は是非とも判断以外のものの性質から来るのでなければならない。 戸坂潤『空間概念の分析』より引用
  • 人々は知識概念をかりてこの区別の標準を求めるかも知れない。 戸坂潤『科学方法論』より引用
  • 江戸時代にはこの区別ができないので、ひとつにまとめて「お皿」といった。 西沢爽『雑学猥学』より引用
  • 吾々は今この区別を、もっと分析して且つ具体的にして見ようと思う。 戸坂潤『現代哲学講話』より引用
  • 次へ »