ことを回想

142 の用例 (0.00 秒)
  • 幼い頃や若い頃のことを回想すること自体は少しも病的なことではない。 ラム/平井正穂訳『エリア随筆』より引用
  • その時のことを回想すると僕は今でも悲憤のために体中が震へ出すのだ。 牧野信一『沼辺より』より引用
  • そのときのことを回想かいそうしているのだろう、麻奈実は半泣はんなきになっていた。 伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第02巻』より引用
  • あたしはいまここに、あののろわしい夜のことを回想してみることにしよう。 横溝正史『金田一耕助ファイル14 七つの仮面』より引用
  • なんということもなかった少年期のことを回想したのだろう。 星新一『おみそれ社会』より引用
  • 佐藤師団長はこのことを回想録のなかに次のように書いている。 高木俊朗『抗 命 インパールII』より引用
  • 彼はアンジーという名を拒否し、リフと呼ばれていたころのことを回想する。
  • 彼女は、その夜のことを回想して次のように言っています。 遠藤周作『ぐうたら好奇学』より引用
  • この手記のなかに、岩竹さんの奥さんが当時のことを回想的に語った記録が入っている。 井伏鱒二『黒い雨』より引用
  • 子供の頃のことを回想すると、自動車についての思い出がかなりの部分をしめている。 星新一『きまぐれ星のメモ』より引用
  • 私はそれらのことを回想する度に、いく度も、繰り返して、そう考えるのである。 なだいなだ『クレージイ・ドクターの回想』より引用
  • そのときのことを回想しているのだろう、七花は言葉を選ぶようにして、そう言った。 西尾維新『刀語 09 第九話 王刀・鋸』より引用
  • いま当時のことを回想するとすぐ、私はあのミホの柔らかい掌を思いだす。 半村良『炎の陰画』より引用
  • 男は椅子の背にもたれ、目を閉じ、手紙のことを回想した。 星新一『おみそれ社会』より引用
  • 彼はよくそこへ行っては腰をおろして、道一つ越した向うの田舎家いなかやに住んでいた当時のことを回想していたのだ。 O・ヘンリー/大久保康雄訳『O・ヘンリ短編集』より引用
  • 千代が側室にあがった当時のことを回想し、思い当ることもあったのだろう。 星新一『城のなかの人』より引用
  • 兄はこんなことを回想するのが好きであった。 夏目漱石『行人』より引用
  • 彼女は自分が店を辞めた時のことを回想していた。 東野圭吾『容疑者Xの献身』より引用
  • そんなことを回想すると彼は、今では母から返つて擽られるやうな間の悪さを覚へた。 牧野信一『「悪」の同意語』より引用
  • 丸山と会った時のことを回想すると、織田には思いあたることがいくつかあるのだった。 東野圭吾『天使の耳』より引用
  • 次へ »