ことは起り

27 の用例 (0.00 秒)
  • そんなことは起りはしなかったと否定するものがあれば自分も信じてしまいそうな気がした。 梶井基次郎『路上』より引用
  • きちんとした手続きを守って仕事をする限り、こうしたことは起りようがない。 養老孟司『ヒトの見方』より引用
  • たとえば銀行でなら心構えもできており、こんなことは起りようもないんです。 原田義人『審判』より引用
  • しかしすべての貨物に関してはかかることは起り得ない。 リカード・デイヴィッド『経済学及び課税の諸原理』より引用
  • 詰まらんところから夫婦不仲などといふことは起り勝ちなものです。 高田保『貸家を探す話』より引用
  • 土地資源がある国においてはかかることは起り得ない。 吉田秀夫『人口論』より引用
  • そんなことは起り得ないことだからです。 筒井康隆『48億の妄想』より引用
  • 輸出奨励金を別問題としても、輸入制限条令のみでこのことは起り得なかったであろう。 吉田秀夫『人口論』より引用
  • 昔丸いと思われていた土地が、今のやりかたで測って見たら四角だったなどということは起りがちだろう。 半村良『闇の中の黄金』より引用
  • だって須貝さんさえ居なかったら、何もこんないろんな面倒なことは起りようがないじゃありませんか。 森本薫『華々しき一族』より引用
  • また兵部の切腹するということも、最初から、そんなことは起り得ないと見ていっていることではないか? 大佛次郎『赤穂浪士(下) 〓あり』より引用
  • 人間が人間である限り、甲乙の利害が一致せず、それぞれ自己の立場を主張し合ふといふことは起りがちである。 岸田国士『日本人とは?』より引用
  • 病気で体重が減ったときにも、同じようなことは起りうる。 カーソン/青樹簗一『沈黙の春』より引用
  • 雅子のさっきの態度から考えれば、そういうことは起り得ない、とおもえる。 吉行淳之介『美少女』より引用
  • そんなことは起りっこないさ。 星新一『きまぐれ博物誌』より引用
  • それは彼らが自分の姿を認めたからで、さもなければ、彼らが逃げ去ることは起り得ないと解釈をつけ加えた。 坂口安吾『牛』より引用
  • Gの死は、一種の交通事故と考えれば、いつの時代、どんな世の中でも、似たようなことは起り得るものかもしれない。 安岡章太郎『夕陽の河岸』より引用
  • お前さんの息子がもっと慎重で、思慮分別に欠けるところがなかったら、よもやこのようなことは起りはしなかったのである。 井上靖『星と祭上』より引用
  • あの人が私の云うことをきいて、私をよんで、オイノリをあげて下さいと仰有れば、こんなことは起りません。 坂口安吾『明治開化 安吾捕物』より引用
  • しかし、まあこんなことは起りえない。 星新一『きまぐれ星のメモ』より引用
  • 次へ »

ことは起り の使われ方