ことは確か

2,899 の用例 (0.00 秒)
  • 彼が大文学者といわれるようなタイプの人でなかったことは確かである。 湯川秀樹『この地球に生れあわせて』より引用
  • 少なくとも関西営業部長が納得するだけの人物であることは確かだった。 林亮介『和風Wizardry純情派 1』より引用
  • 彼の心が、二人の日本青年の利益のために動いたことは確からしかった。 菊池寛『船医の立場』より引用
  • 階段を下りていく途中で見えなくなったが、足があることは確かだった。 森博嗣『X 01 イナイ×イナイ (講談社ノベルス)』より引用
  • しかし母のこの一言はいたるところで私をささえていたことは確かだった。 辻邦生『北の岬』より引用
  • 村の中で買いものをしてすぐ帰ってくるつもりであったことは確かです。 筒井康隆『(「七瀬」三部作 3) エディプスの恋人』より引用
  • 怒っていることは確かだったが、その顔つきは暗くてよく分らなかった。 新田次郎『富士山頂』より引用
  • が、僕等は丸善のある為に多少彼等の魂を知つてゐることは確かである。 芥川竜之介『文芸的な、余りに文芸的な』より引用
  • 実際に何かがあったことは確かだから、咄嗟とっさに完全否定するのも難しい。 谷川流『涼宮ハルヒの暴走』より引用
  • 闘牛のことを考えていることは確かだったが、全然心配していなかった。 ヘミングウェー/永井淳訳『危険な夏』より引用
  • けれども、これまでにも、雰囲気が類似した文字列があったことは確か。 森博嗣『G 04 εに誓って (講談社ノベルス)txt形式』より引用
  • まつたく彼は一ト月も前から或る小説を書きかけてゐることは確かだつた。 牧野信一『「悪」の同意語』より引用
  • とにかく、そんな表情をし、そんな態度でいたらしいことは確かである。 北杜夫『マンボウぼうえんきょう』より引用
  • だれも口には出さなかったが、三人ともにそう考えたことは確かだった。 川原礫『アクセル・ワールド 04 -蒼空への飛翔-』より引用
  • それも正確になんと言ったかは覚えていないが、言ったことは確かだ。 ディクスン『ドラゴンの騎士〔上〕』より引用
  • 彼がどちらで死んだかはわかりませんが、私が殺したことは確かです。 山村美紗『京都の祭に人が死ぬ』より引用
  • それはそうとして、母が実家で厄介者やつかいもの扱いされていたことは確からしい。 安岡章太郎『夕陽の河岸』より引用
  • のみならずなんの答えをすることもできなかったことは確かである。 芥川龍之介『或阿呆の一生・侏儒の言葉』より引用
  • それは理由にはならないと思ったが、テーマが重いことは確かである。 三浦綾子『泥流地帯』より引用
  • 自分の生涯の意味を左右するような判断であるので、難しいことは確かだ。 齋藤孝『「できる人」はどこがちがうのか』より引用
  • 次へ »