ことは滅多にない

45 の用例 (0.00 秒)
  • しかしぼくはもともと外で飲酒することは滅多にない男である。 原田宗典『東京困惑日記』より引用
  • 面とむかっていわれることは滅多にないが、おそらくカゲでそう呼ぶ人が多いのだろう。 山口瞳『江分利満氏の華麗な生活』より引用
  • この男が動揺を表情に出すことは滅多にないだけに、いやな予感が頭をかすめる。 ベニー松山『風よ。龍に届いているか(上)』より引用
  • 九量体以上の複合体が確認されることは滅多にないが、重要な生体物質にも例外はある。
  • それは後述するが、とにかく、一国の中央銀行が一日休業したということは滅多にない例である。 松本清張『日本の黒い霧(下)』より引用
  • 行政解剖で鑑定書の提出を要求されることは滅多にないが、代わりに保険会社からの質問状が山ほど来る。 椹野道流『鬼籍通覧6 亡羊の嘆』より引用
  • 谷口とは作品を共にすることは滅多にないが、麻雀の卓は今でも囲む仲とのこと。
  • 生息地を大きく離れることは滅多にないが、繁殖期以外に観測が難しくなる理由の一つとなっている。
  • テレビなどでは坊ちゃん5として見ることは滅多にないが、舞台に関しては定期的に『東西二世五人会』を開催している。
  • Windows上でユーザーが名前付きパイプを目にすることは滅多にないが、例外もある。
  • 彼女はセックスで達することは滅多にないが、オナニーでは簡単にイケるという。 松沢呉一『エロ街道をゆく ――横町の性科学』より引用
  • バージョンアップでは移行が必要になることは滅多にないが、大きなアップグレードでは必要なこともある。
  • 今日では演奏されることは滅多にないが、この楽器の音色は非常に柔和で上品であり、他の楽器に代えがたい独特の魅力を有している。
  • マシュウが何かに熱中することは滅多にないだけに、いったんそうなったら最後、こっちが折れるほかはないって気がするんです。 モンゴメリ/神山妙子訳『赤毛のアン』より引用
  • 確かに、ぼくの方からきずなの話に乗っかるなんてことは滅多にないだけに、きずながそんな反応になるのも無理もない。 西尾維新『新本格魔法少女りすか 02』より引用
  • わしはこれまで、病気をしたことは滅多にないが、なにか面倒な事件が起ると、すぐに、自分の命といふことを考へる。 岸田国士『浅間山』より引用
  • 彼らがそれを見つけることは滅多にないが、何かを達成することが探究そのものより大きな喜びをもたらすことは、それ以上に滅多にないことなのだ。 クラーク『都市と星』より引用
  • フィクション作品で登場の際は、主流の武器として登場することは滅多にないが、インパクトの強い特異な形状であるためか比較的登場数の多い武器である。
  • 浮名はこう見えて他人に怒りをぶつけたりすることは滅多にない男だが、僕は自分でも呆れるくらい乱暴者だったから、ぶつからないように気をつけなければと思う。 五百香ノエル『骸谷温泉殺人事件』より引用
  • ドリュアスたちは普段は人前に姿を現すことは滅多にないが、美しい男性や少年に対しては緑色の髪をした美しい娘の姿を現し、相手を誘惑して木の中に引きずり込んでしまうことがあるという。
  • 次へ »