ことは全然気

11 の用例 (0.00 秒)
  • そして綾はと言えば、本当にそんなことは全然気にしていないようであった。 新井輝『ROOM NO.1301 03 同居人はロマンティック?』より引用
  • 女はしゃべりつづけて、おれが口をはさんだことは全然気がつかなかった。 トウェイン/刈田元司訳『ハックルベリ・フィンの冒険』より引用
  • はっきりいっておくけど、僕のことは全然気にしなくていい。 東野圭吾『容疑者Xの献身』より引用
  • ところが、ベンスンは、そんなことは全然気がつかなかった、と証言した。 カー/長谷川修二訳『青銅ランプの呪い』より引用
  • そんなことは全然気にもならない。 有栖川有栖『ダリの繭』より引用
  • 桜井と関係があったなんてことは全然気にならないし、むしろ正直に話してもらえて嬉しかった。 結城昌治『振られた刑事』より引用
  • なぜなら、Kはすでにずっと以前から下宿のことは全然気に留めていなかったからである。 原田義人『審判』より引用
  • しかも、彼女はたくさんの家族に昼食や夕食をふるまわせて彼に散財させたが、そんなことは全然気にもかけなかった。 カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第二巻』より引用
  • マチルドはそんなことは全然気に留めなかった。 スタンダール/大久保和郎訳『赤と黒(下)』より引用
  • 女は柳ずしで休んでも、信用組合で金をひきだす時間だけを気にしているが、すでに現場が発見されて手が廻っているかも知れないということは全然気にかけていない。 坂口安吾『フシギな女』より引用
  • また、洋品屋でお金を払うにも、十円札を六十二枚かぞえるのに十分間もかかり、なるべく長く時間を費して信用組合で金をひきだす時間まで持たせようとしているが、現場が発見されて手が廻るかも知れないことは全然気にかけていない。 坂口安吾『フシギな女』より引用