ことは全然

283 の用例 (0.00 秒)
  • わたくしどもはそのために仲が悪くなるようなことは全然ございません。 カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第二巻』より引用
  • 僕は気を失ってて、あんたのことは全然見てなかったってことにする。 赤川次郎『輪舞―恋と死のゲーム』より引用
  • 彼は駈け出したまでは知っていたが、あとのことは全然知らなかった。 犬田卯『橋の上』より引用
  • 反射的にそう言ったものの、私はそんなことは全然思っていなかった。 西尾維新『花物語』より引用
  • 少なくとも父親はグレゴールに対してその反対のことは全然いわなかった。 原田義人『変身』より引用
  • 彼のほかにも何人かいたような気がするが、ほかの者のことは全然記憶にない。 東野圭吾『殺人の門』より引用
  • しかし今の今までそんなことのあったことは全然知らなかった。 中村希明『怪談の科学―幽霊はなぜ現れる』より引用
  • Bだって私はここに来る前のことは全然覚えていないんですもの。 松平維秋『松平維秋の仕事』より引用
  • そして綾はと言えば、本当にそんなことは全然気にしていないようであった。 新井輝『ROOM NO.1301 03 同居人はロマンティック?』より引用
  • マシュウは自分で興奮の種を探しまわるようなことは全然ありませんからね。 モンゴメリ/神山妙子訳『赤毛のアン』より引用
  • 女はしゃべりつづけて、おれが口をはさんだことは全然気がつかなかった。 トウェイン/刈田元司訳『ハックルベリ・フィンの冒険』より引用
  • しかしバーティはそうした考え方を助長するようなことは全然しない。 サキ『ザ・ベスト・オブ・サキⅡ』より引用
  • だから、いつものように群衆の中を通るということは全然なかった。 バローズ『火星シリーズ02 火星の女神イサス』より引用
  • 彼らをつれて出発することは全然不可能であったのだ。 ヘディン/岩村忍訳『中央アジア探検記』より引用
  • この名前の類似がなかったならば、おそらくあの人のことは全然わからないでしょう。 原田義人『城』より引用
  • 僕は、枕の下にあるなんてことは全然知らなかったんですからね。 ドストエフスキー/北垣信行訳『カラマーゾフの兄弟(2)』より引用
  • はっきりいっておくけど、僕のことは全然気にしなくていい。 東野圭吾『容疑者Xの献身』より引用
  • いったん決めてしまったことをまたむしかえして考えるようなことは全然なかった。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(下)』より引用
  • 彼女のほんとの生活については、私ははっきりしたことは全然知りませんでした。 モーパッサン/新庄嘉章『ある女の告白』より引用
  • この一晩、快楽とか苦痛とかの影に悩まされることは全然なかったのである。 ワイルド/渡辺純訳『ドリアン・グレイの肖像』より引用
  • 次へ »