ことは一見

56 の用例 (0.00 秒)
  • 話の内容を立ち聞きするためであったことは一見して明らかだった。 クリスティ/西川清子訳『ナイルに死す』より引用
  • 大きいメサの頂上から見ると、この小丘に墓があることは一見してわかる。 ヘディン/岩村忍訳『さまよえる湖』より引用
  • その場所がスペースポートであることは一見してそれと知れた。 ホーガン『ガニメデの優しい巨人』より引用
  • 老人に生まれつきの才能があることは一見して明らかだった。 アシモフ/川口正吉訳『暗黒星雲のかなたに』より引用
  • 辞書の客観性といふことは一見簡単な事柄のやうで、実は複雑な問題である。 三木清『辞書の客観性』より引用
  • 近所の農民や、平凡なサラリーマンでないことは一見して分かった。 斎藤栄『まぼろしの完全犯罪』より引用
  • それは、鯉ではなく、鮒でも、ハヤでもないことは一見して明らかである。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • このことは一見俳優に対する批評的立場と抵触するようだが、実際には抵触しない。 伊丹万作『演技指導論草案』より引用
  • どの箱にも大白猿が直立したままはいっているが、生命のないことは一見してわかる。 バローズ『火星シリーズ11 火星の巨人ジョーグ』より引用
  • 男は百姓の身なりをしているが、眼つき身ごなしから武士であることは一見して明らかだった。 新田次郎『武田勝頼(二)』より引用
  • しかし彼女たちは焼け死んだのではなく、それ以前に斬殺されたことは一見して明らかであった。 山田風太郎『修羅維新牢』より引用
  • それがギリシャ神話を借りて、美青年の肉体美を表現したものであることは一見明瞭である。 江戸川乱歩/紀田順一郎編『江戸川乱歩随筆選』より引用
  • 彼はまだ十八九の色白の男で、髪の結い方といい、それが役者であることは一見して知られた。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • それが女郎屋の妓夫ぎゆうであることは一見して知られた。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • ホリーが洗濯物で困っていることは一見してわかった。 カポーティ/龍口直太郎訳『ティファニーで朝食を』より引用
  • 大尉は年上の男と、いっしょにいたが、顔の似ている点から、それが血縁の人間であることは一見して明らかだった。 クリスティ/小西宏訳『「ポワロ参上!」3』より引用
  • より大きく込み入ったシステムのコンポーネントではなく、それ白体が独立した機能を持つ単体の装置であることは一見してそれと知れた。 ホーガン『ガニメデの優しい巨人』より引用
  • 食糧不足に悩まされていることは一見明らかであった。 新田次郎『武田勝頼(二)』より引用
  • 前にも言ったとおり、この婦人とてもよほど抜けていることは一見してわかるほどですが、それがわが子の白痴を心配することは、普通の親と少しも変わらないのです。 国木田独歩『春の鳥』より引用
  • 文芸作品が映画化されてゆくことは一見相互的な活況のようであるが、その実微妙な本質の部分で、却って今日の文化の消極の面が働いているかもしれないのである。 宮本百合子『観る人・観せられる人』より引用
  • 次へ »