こし入れ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • たとえば江戸でだが、妻がおこしいれの時に連れてきた侍女たちがいる。 ...
  • 輿入れのことは、こうすると決めたときから過去のものになっている。 ...
  • 約定を破ったにもかかわらず、輿入れの話を反故にはしないということだ。 ...
  • 翌日輿入れが行われ、婚礼道具は112棹に及ぶ大規模なものであった。 ...
  • そして、これがさらに群馬県のあるお百姓に輿こし入れしたことになっています。 ...
  • いよいよ輿入れという日の前夜に、お妻は文次郎を呼んでささやいた。 ...
  • 輿入こしいれ前の紋は女紋と言って、姓が変わっても使用することが許されている。 ...
  • 徳川氏に対して松姫の身代わりとして輿入れされたという伝承がある。 ...
  • この二家は大御所がお美代の方の腹に生ませた姫を輿入こしいれさせている。 ...
  • 彼女は十八歳で輿入こしいれしてこのかた九年のあひだ、まだ一人の子もなかつた。 ...
  • 同じ乳母でも、姫君では成長の暁には他家に輿入こしいれをすることになる。 ...
  • その席で王は輿入れする皇女の名を、初めて徳秀から聞かされたのだった。 ...
  • 疱瘡の痕のみにくい子を、父が恥じて妹八重を身代わりに輿入れさせた。 ...
  • 輿入こしいれになるために、馬にのり、被衣かつぎをかぶっておでる姿を見たきりだ。 ...
  • そうしてお輿入こしいれの時にお道具の中に数えて下さいといって自作の鼓を一個さし上げた。 ...
  • あのかたの一番素晴らしいお輿入こしいれの道具もまた、あの太陽のような笑顔であった。 ...
  • それが「尾張のたわけ殿」といわれていた信長のもとに輿入こしこれしてしまった。 ...