こくだか

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 与えられる所領の属する国郡ごとの村数・石高及び村名が記されている。 ...
  • 亀井家が四万三千石でしたから、それよりも石高こくだかが少かったのでしょう。 ...
  • この事実も石高が生産高ではなく年貢高と認識されていたことを証明している。 ...
  • この時には、通称が文左衛門になり、石高は71石になっていたようだ。 ...
  • 府藩県三治制下の全国の石高をまとめた資料としては以下のものが存在する。 ...
  • このように時代が下るにつれ石高と実体経済の乖離がますます進行した。 ...
  • 将軍に認められた額面上の石高である表高に対する語で、実高ともいう。 ...
  • 雨がぽつりぽつり落ちて来たので、三人は石高な道を急いで宿へ帰って来た。
  • また、大名に課する負担や幕府役職の任免も石高に応じたものとなった。 ...
  • 大名をはじめとする武士の所領からの収入や俸禄を表す場合も石高を用いた。 ...
  • 江戸時代は当初松本藩に属していたが、後に石高の調整で高遠藩に属した。 ...
  • 大内氏は広大な領国を支配していたが石高自体は突出していたわけではない。 ...
  • しかし、最終的には石高に換算しなおし、他の地方との統一が図られた。 ...
  • 佐竹氏の石高が確定するのは2代藩主・佐竹義隆の代になってからである。 ...
  • 将軍の子が藩主になったことで、藩の石高は6万石から8万石に加増された。 ...
  • 当時の村全体の石高は四百三十二石で、高林村や早出村とほぼ同等である。 ...
  • 装着することでパラメータが上昇するが、コストである石高も上昇する。 ...