こがたな

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 小刀を一本だけ帯びて部屋を出ると、茶の間から客の声が聞こえて来た。 ...
  • きっとあの小刀をあの晩わたしに売ったことをまだおぼえているでしょう。 ...
  • ジョンは自分の短刀の刃で、土から突き出して動いている小刀をよけた。 ...
  • ついに彼は使っていた道具を靴を作る小刀ととりかえることになった。 ...
  • 慈念の小さい指の力ではとれないから、竹でつくった小刀を慈念は使う。 ...
  • 小刀だけは残っても武士の魂たる大刀をまで、何者にか奪われたのだ。 ...
  • そうしたときの柳喜十郎は、小刀すら腰に帯びていないのが常であった。 ...
  • 小刀を中段に置くのは、一流の芸者げいしやとしては絶対にとらぬところである。 ...
  • 少数民族の人たちが腰に吊り下げている小刀を造っているところである。 ...
  • 切られた提灯を探していると、犯人が小刀を落としている事に気付いた。 ...
  • 旅の商人あきんどのようななりをしているが、その手に小刀を持っていた。 ...
  • それには、短い刃に長い柄のついた細い小刀が一組はいっていた。 ...
  • 太兵衛は、いつもの帷子かたびら一枚を着たのみで、腰には小刀一つ帯びていない。 ...
  • 机の縁は小刀で傷だらけになっていて、机の表面にも傷跡がたくさんあった。 ...
  • いやそれ以前に遺産でもないあの小刀で、どうしてそんなまねができる? ...
  • だが、この時、荒政は自身の右手にクリ小刀を持っているのに気づいた。 ...
  • 小刀が軸から出た後、螺旋が内壁に沿って伸びているのを見ただろう。 ...