こう回想

32 の用例 (0.01 秒)
  • といわれた少年時代のことを、後年かれはこう回想することになる。 中村彰彦『侍たちの海 小説 伊東祐亨』より引用
  • フェルナンデス大尉は、あとにも先にもないそのときの体験をこう回想する。 三好徹『チェ・ゲバラ伝』より引用
  • 危害を加えられた大学者は後に、こう回想している。 佐藤賢一『王妃の離婚』より引用
  • 第二課の部下であった中山定義なかやまさだよし中佐はこう回想する。 半藤一利『指揮官と参謀 コンビの研究』より引用
  • 彼女は後にこう回想している。
  • 当時、連合艦隊作戦参謀の三和義勇大佐はこう回想している。 豊田穣『海軍軍令部』より引用
  • クルックはインディアンに対する偏見を隠そうともせず、こう回想している。
  • これは新行さんなら誰でも経験することで、たとえば、酒井より前、昭和三十八年に二十八歳で百日回峰をした光永師自身でさえこう回想している。 長尾三郎『生き仏になった落ちこぼれ』より引用
  • しかし時休は、この時の事を後にこう回想している。
  • 彼は1966年に出版した自伝でこう回想する。
  • 笠置シヅ子はこの時のことをこう回想している。 井崎博之『エノケンと呼ばれた男』より引用
  • 当時から現在に至るまでコンビを組んでいるカメラマンの斎藤雅則は、こう回想する。 足立倫行『アダルトな人びと』より引用
  • 彼はこう回想している。 モーリアック/遠藤周作訳『テレーズ・デスケルウ』より引用
  • 後にこう回想している。
  • 草鹿龍之介参謀長は後にこう回想している。 豊田穣『海軍軍令部』より引用
  • 仏を彫るきっかけについて、朋琳はのちにこう回想している。 長尾三郎『魂を彫る 鑿に賭けた大仏師父子の「心の王国」』より引用
  • スタンフォードは後にこう回想している。
  • ナポレオンは後にこう回想している。
  • レモンは当時をこう回想している。
  • アダムズは後にこう回想している。
  • 次へ »