げっきん

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • どこかで、誰かが月琴げっきんいているらしく、その音が小さく漂ってくる。 ...
  • それが彼には先刻さつきから法界節ほうかいぶしことや月琴のに聞えて仕方なかった。 ...
  • 現在の中国製の月琴は、中華人民共和国の音楽改革の「改良」を経ている。 ...
  • お母さんが珍しく外出すると思ったら月琴げっきんを習いにゆくのだった。 ...
  • それを月琴げつきんに合わせて歌ったのが法界節で、二十年代を代表する流行唄となった。 ...
  • また、龍馬の妻・お龍に月琴を教えたのは乾堂の長女・キクといわれている。 ...
  • 月琴の音と白楽天の声が風に乗り、河の上を渡ってゆく。 ...
  • 月琴島ではなく岡山県にある月琴の里が舞台であり、ストーリーは大幅に変更されている。 ...
  • 月琴げっきんの師匠の家へ石が投げられた、明笛みんてきを吹く青年等は非国民としてなぐられた。 ...
  • WADAは作曲を担当する他、ベトナムの民族楽器でもある月琴も演奏する。 ...
  • 演奏時は椅子に座りながら月琴を腿の上に置き胴を自分の体から少し離して弾く。 ...
  • 譜本をだして父に説明していた、父は月琴をとって器用に弾いた。 ...
  • 「この月琴に見憶えはないか」 渡された月琴をみて、お景が叫んだ。 ...
  • いわれはいうまでもなく、島の形状がそのころはやった、月琴という、中国の楽器に似ているからである。 ...
  • 工尺譜でドレミファ・・・の音階を示している 月琴の調律はいろいろある。 ...
  • 赤児の持ってる月琴は 王の鼻をばふさぐため。 ...
  • 月琴を弾く女とつき合っていたのは佐久間香介で、今崎貞二郎ではない。 ...