けむだし

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • それで彼は首は開いていた屋根の煙出しから出て行った事を察した。 ...
  • 煙だしの穴の縁を染めていた金色の光が、ゆっくりと色を失っていく。 ...
  • 屋根の煙出しから覗く星空を見上げながら、妙は先の母の言葉を考えていた。 ...
  • 床の中央に小さなストーブがおかれ、屋根には煙出しのハッチがある。 ...
  • 囲炉裏の火も消えて暗くなった家の中に、煙出しからの月光が入ってきている。 ...
  • 秋晴れの青空の中に隣の西洋館の屋根の煙出しが並んで三本あった。 ...
  • 蒸気機関に火を入れたらしく、一本だけの煙出しから煙を吐き出しはじめた。 ...
  • 深く息を吸い、ヴァンは顔から手をおろして、煙だしの穴を見上げた。 ...
  • 煙出しの窓からのぞくと思ったより近くに男の顔が行燈あんどんのあたりに浮んでみえた。 ...
  • もちろん煙出しのないいろりであるから、煙はもうもうと部屋をこめる。 ...
  • と、いうことは、タンダは、あの煙出しの穴から外へでたとしか考えられない。 ...
  • 煙出しの穴も、なにか他の役目を兼ねているように見うけた。 ...
  • 南むきの戸のほかは窓もなく、屋根のいちばん高いところにあけた煙出しの穴から光がはいってくるだけだ。 ...
  • 天井にはタマ・クティと呼ばれる煙出し穴があるが、明りとりの役割もあった。 ...
  • それからこの煙出し兼明取りの所はいろいろに色取るのです。 ...
  • と、見る間に娘は雪煙となって、煙出しから出ていったという。 ...
  • さっき、てるは煙出しを眺めて、何を考えていたのだろう。 ...