ぐるぐる廻る

44 の例文 (0.00 秒)
  • それを輪にして、一人一人がそれを手でささえて、そしてぐるぐる廻るの。 ...
  • 俺はお前から離れたとしても、この庭をぐるぐる廻っているだけだ。 ...
  • 空も塀も寺の屋根も役人たちも、彼の眼の前をぐるぐる廻るように思われた。 ...
  • それでこの港の斜面の遊歩道路は円環状にぐるぐる廻っているという訳だ。 ...
  • ぐるぐるまわってもどると彼ら同士のお行儀ぎょうぎのよいものの言い方を聞いた。 ...
  • その家にはよく磨かれた広い廻り廊下があって、私たちはぐるぐる廻った。 ...
  • あの七つの星も、北極星のまわりを、いつもぐるぐる廻っているのじゃ。 ...
  • 何か用をこしらえて狭いうちの中を始終ぐるぐる廻って歩かないと承知しなかった。 ...
  • 海の上をぐるぐる廻って敵潜水艦を探すなどということは真平御免であった。 ...
  • 一座の追走にまき込まれて、ぐるぐる廻りながら嵐のように進んで来た。 ...
  • 今までは、血管の中を、氷のかたまりが、溶けながらぐるぐる廻っていたのだ。 ...
  • まるでその戸棚がぐるぐる廻るべく運命づけられていたかのように。 ...
  • 大宋国をぐるぐるまわってみたが、これはという画師にも会わなかった。 ...
  • それで再びまた同じ階段を下りて、方角のわからぬ廊下をぐるぐる廻って行った。 ...
  • この千早館のまわりをぐるぐる廻っているうちに、ふとそれに気がついたのです。 ...
  • 気をつけていると、飛行機は、ゴンドラの周囲をぐるぐる廻っているらしい。 ...
  • 彼はぐるぐる廻りながら街を進んで行くようで、すべてが彼とともに廻っているのだった。 ...
  • 次へ