ぐどん

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • まず、あれほど愚鈍な男の顔を見たのは前にも後にもはじめてであった。 ...
  • 最後にその二等と三等との区別さへも弁へない愚鈍な心が腹立しかつた。 ...
  • すべてのうわさのうちで、愚鈍という非難を、彼女は火のように恐れていた。 ...
  • だがその涙は違うと、愚鈍なはずの虔吉だけがわかったのは何故なのか。 ...
  • ただしアクロカントサウルスだけが特別に愚鈍だったという訳ではない。 ...
  • しかしその愚鈍ぶりは演技で、裏では近臣たちと暗殺計画を練っていた。 ...
  • やぶから出てみたらその愚鈍な鳥とつらをつき合わしているのであった。 ...
  • いかに愚鈍な人間のすることでも何かしら一つの目的はあるのである。 ...
  • 最後にその二等と三等との区別さへもわきまへない愚鈍な心が腹立たしかつた。 ...
  • なんの意味があるのかわからないその行為だけをただ愚鈍なまでに繰り返した。 ...
  • 臆病になるなら臆病になるのでいい、しかし愚鈍になってはなりません。 ...
  • 最後にその二等と三等との区別さえもわきまえない愚鈍な心が腹立たしかった。 ...
  • 稍々愚鈍なる浪費者を身辺に求めることは或時代に於ては可能であった。 ...
  • いうまでもなくあの愚鈍な石五郎にあんな離れわざのできる道理がない。 ...
  • 今眼の前に在るそのものについて、誰かは愚鈍に包まれた賢明といったが。 ...
  • 最後さいごにその二とうと三とうとの區別くべつさへもわきまへない愚鈍ぐどんこころ腹立はらだたしかつた。 ...
  • でも人間以下だと感じるとしたら、そう感じることのほうがもっと愚鈍なんだ。 ...