くちだし

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 「あなたを待ってたということにしましょうか」 白い方が口出しした。 ...
  • 営業に編成に球場に口出しが過ぎるという声が多くあったのは確かだ。 ...
  • そのようなことをいうと、決まって口出しをしてくる学者たちがいる。
  • 結婚相手を決めるといっても、それに口出しする権利はまったくないの。 ...
  • しかし、私は口出しはせずに、負傷した足をいたわりながら坐っていた。 ...
  • 頼んでもいないのに、何かと文代は文化委員の仕事に口出しをしてくる。 ...
  • そういう人に、ああしろこうしろなんて口出しできる人間はいないんです。 ...
  • 僕は別にあなたの社長としての采配さいはいに口出ししようというんじゃありません。
  • だから何の関係もない、彼の離婚話にもっともらしく口出ししていたわけだ。 ...
  • これは余計な口出しはしないほうがいいということを意味していた。 ...
  • 宇宙に文句を言っても始まらないから他人のことにはあまり口出ししません。 ...
  • おかげで誰にも口出しされずに、現場の画像を調べ直すことができる。 ...
  • って、アタシなんかが口出しするようなことでもないとは思うんですけど。
  • この人は、ほんとうによけいな口だし以外のことができないのだろうか。 ...
  • 余計な口出しはしたくなかったが、これはなんといっても結婚なのだ。 ...
  • 相手のことを思えばこそ、つい要らざる口出しもしたくなるのだろう。 ...
  • 他人が口出しするようなことじゃないと思ってだまって見てたけどんもぉ限界よ。 ...