くだされよ

18 の例文 (0.00 秒)
  • ああいう世間知らずの子供を、いいように使わないでやってくださいよ。 ...
  • だがあの子の話したアナスタジーのことは、本当にしないでくださいよ。 ...
  • こっちにも遊びに来るように、今度会ったらいってやってくださいよ。 ...
  • 「開けてくださいよ、私ですよ」 その声はたしかに女房の声であった。 ...
  • だけどときどき窓を見てまわって、何か目についたら声をかけてくださいよ。 ...
  • 手前が下で糸を引きますから、あたりというものをよくおぼえてくださいよ。
  • おせい様、まあ、このお駒さんという人を、よく見てやってくださいよ。 ...
  • ぼくがここへきたなんていわないように、ふたりにいっといてくださいよ。 ...
  • ほんとうにいつまでもあなたのおそばにいられるようにしてくださいよねえ。 ...
  • どこでもかまわないが、全員が寝静まるまでは外に出ないでくださいよ。 ...
  • もう少しだけ、大人おとなになるまでのもう少しだけ、夢見させてくださいよ。 ...
  • あの子たちの臨終が業報の時とならぬよう、注意してやってくだされよ。 ...
  • 私と自分とを同じように言うようなことはよしてくださいよ。
  • さあさあ弥次馬はあとへ引っこんで金持かねもちだけ前のほうへでてくださいよ。 ...
  • あっしが二かいにちょっと行ってきますから、それまでっていてくださいよ。 ...
  • 私があなたの考えに影響をおよぼそうとしているのだとは考えないでくださいよ。 ...
  • それでね、兄さんはわたしのやり方に干渉かんしようしないようにしてくださいよ。 ...