くすから

全て 形容詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 娘たちにやってしまって、自分の角の隠し場を失くすためじゃありません。
  • 外交職と領事職の間の格差を失くすことが改革の目指すところであった。 ...
  • たかしは自分自身の悲しみを押しかくすやうにして、そつと旅の仕度をした。 ...
  • ただし国産艦でなければ、既にくす型警備船でCICを装備運用していた。 ...
  • 大量のヘロインを失くすようなやつを、どうしてそんなに大切にするもんか。 ...
  • 住民の多くが家を失くすか、水と風で損傷を受けた家屋の中で住むことになった。 ...
  • もうひとつには、プロ側が負けた場合のリスクを失くすためである。 ...
  • そして、このくすぶりの一番厄介な特徴は、伝染うつるということだった。 ...
  • 龍澤寺が再興された際に、くすが氏名不詳の人物に出した黒印状がある。 ...
  • どこからどうつっこめばいいのかもわからず 竜児は唖然あぜんと言葉をくす。 ...
  • ただし、くすが松の丸殿の乳母であったというのは少し奇妙である。 ...
  • なるほど一瞬のうちに消えはしたが、電光のごとくす早い光が彼の目を輝かせたのである。
  • そして親父おやじが失くすものを、 是非ともおれのものにしなければならぬ。 ...
  • 我々がそれを失くすことを望むならば、誰が我々を止めるだろう? ...
  • 私はベッドに横になって、なんにもしないで一日じゅうそのくすの木の枝と空を見てたの。 ...
  • 勇気を失くすというのがどんなものか、ローダンははじめて味わった。 ...
  • それなのに私にはたった一本のくすの木とたったひとつの雨ふりさえ理解することができないような気がしたの。