ぎ了

全て 名詞
9 の例文 (0.00 秒)
  • 故に民法全部は前後を通じて二百二十七回の会議で議了せられたことになる。 ...
  • そして安政五年正月十二日に全条約案を議了した。 ...
  • ボアソナード原案の内容的変更は禁止され、1日15条ずつの議了、直訳調の法文にすることも要求されたが、それでもなお、草案の枠内手直しをする努力が行われた。 ...
  • 居間でかみしもを脱ぎおわったところへ安兵衛が這入はいって来た。 ...
  • かくて、民法草案は明治二十六年五月十二日より二十八年の末に至るまで、会議を重ぬること百五十八回にして、総則、物権および債権の三編を議了し、二十九年一月に第九回帝国議会に提出せられ、議会では一箇条の追加と些少の修正とを加えてこれを可決し、同年四月法律第八十九号として右の三編を公布された。 ...
  • これより先き、法典調査会においては、商法の編纂に着手し、同法起草委員たらしめるため、当時欧洲に滞在中なりし岡野敬次郎博士を召還し、梅博士、田部芳たなべかおる博士と共に起草の任に当らしめ、その原案は百三十二回の会議を経て議了せられたから、民法親族編、相続編と同時に議会に提出された。 ...
  • 民法の残部即ち親族編、相続編は、明治二十八年九月十四日より六十九回の会議を重ねて議了し、三十年十二月第十一回の帝国議会に提出された。 ...
  • いまや、条約案の議了をまって、松平慶永をはじめ、薩摩の島津斉彬なりあきら、土佐の山内豊信、宇和島の伊達宗城むねなり、徳島の蜂須賀斉裕なりひろら、徳川家門と外様雄藩の藩主がずらりと顔をそろえて、旗幟きし鮮明に一橋慶喜をかつぎだした。 ...