ぎをもらしていた

全て 名詞
2 の例文 (0.00 秒)
  • 友美は仰向いてうすく眼を閉じたまま、かすかなあえぎをもらしていた。 ...
  • が、この将軍家御側妾は悲鳴もあげず、しかも気絶していない証拠には、その姿で、片腕を海坊主のふといくびにまきつけて、なお火のようなあえぎをもらしていた。 ...