ぎゅっと握り締める

20 の用例 (0.00 秒)
  • 心臓がぎゅっと握り締められたような気がして、ニーナは胸に手をやった。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス02 サイレント・トーク』より引用
  • ひざの上に置いた裕生の手を、葉の手が探り当ててぎゅっと握りめる。 三上延『シャドウテイカー1 黒の彼方』より引用
  • そして、その恐怖きょうふを押し殺すためにはこぶしをぎゅっとにぎめるほかなかったのであろう。 支倉凍砂『狼と香辛料ⅩⅢ Side ColorsⅢ』より引用
  • ぎゅっと握り締めた金属バットの柄はすでに汗でぬめっていた。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 01 鬼隠し編』より引用
  • 両手をぎゅっとにぎめて気合を入れた春香はるかを加え、作業さぎょう再開さいかいする。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第06巻』より引用
  • 小声でかれてうなずき、確認かくにんするようにあせばんだ手をぎゅっと握りめた。 喬林知『今日からマ王 第15巻 「宝はマのつく土の中!」』より引用
  • 空いた方の手はブランと下に垂らしていたが、拳はぎゅっと握り締められていた。 ジェイムズ・ブリッシュ『01 宇宙大作戦 No1』より引用
  • いぐさがそんな彼女の手をぎゅっと握りめ、眼鏡めがねの中で同じくらい強く目を閉じている。 有沢まみず『いぬかみっ!08』より引用
  • 爆発しそうな怒りを抑えるために、葉子はこぶしをぎゅっと握り締めた。 大石圭『自由殺人』より引用
  • 俺の位置からじゃ妹の表情は見えないが、つないだ手を、ぎゅっと握りめてくるのが分かった。 伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第02巻』より引用
  • 思わず呼びかけた名前をおさえ、こぶしをぎゅっとにぎめたのが判る。 喬林知『今日からマ王 第14巻 「やがてマのつく歌になる!」』より引用
  • サーラは少女の手がぎゅっとにぎり締めてくるのを感じた。 山本弘『サーラの冒険 5 幸せをつかみたい !』より引用
  • 両手をぎゅっと握り締めると、意を決したというようにひとつうなずいて、口を開く。 篠田真由美『未明の家 建築探偵桜井京介の事件簿』より引用
  • 汗ばんだ手をぎゅっと握り締めると、そこにビールの大ジョッキの重さを感じたくなる。 北村薫『覆面作家は二人いる』より引用
  • しかし彼女は両手をぎゅっと握り締めると、顔を上げた。 篠田真由美『未明の家 建築探偵桜井京介の事件簿』より引用
  • 不安に駆られて、村田はポケットの金属片をぎゅっと握り締めた。 喬林知『今日からマ王 第16巻 箱はマのつく水の底!』より引用
  • カンナはひさぎの手をぎゅっと握り締め、さらに身を寄せてきた。 嬉野秋彦『メフィストの魔弾』より引用
  • 腕に力をこめ、テーブルの端をぎゅっと握り締め、目を閉じ、必死に歯を食いしばって耐えていた。 山本弘『神は沈黙せず』より引用
  • どうしても彼女を離したくない、彼女を両手の間にぎゅっと握り締めてしまいたい、そう私が感じた時には、彼女はもう廊下の方へと足を踏み出していた。 福永武彦『海市』より引用
  • モモ太は無言のまま左右のこぶしをぎゅっと握り締めた。 飴村行『粘膜人間』より引用