きの病

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 職員達は小武が何か急に気の病にでもなったのだとしか思っていなかった。 ...
  • しかし普段は気の病を持つようには見えない容姿の端麗な人物だったともされる。 ...
  • 第一それが気の病ではない証拠に、いまヽヽ現にぼくは誰かにあとをつけられているところなのだ。 ...
  • 案内されたさきの病室によこたわっていたのは、まぎれもなく笠井君だった。 ...
  • でもお殿様も気の病で可哀想だったから、居続けてしまったのよ。
  • セント・メリー・ミード村では、なあに気のやまいさ、とうわさされている。 ...
  • 多くの者に対しては、彼は何もしてやれなかったが、しかし明らかにたやすく治すことのできる気の病といった症状の者に対しては、助けてやることができた。 ...
  • 目の病気ではなく、気の病といったほうがわかりやすい。 ...
  • こうして、わたしは情熱に気をうばわれて病気のことは忘れていたが、それは気の病ではなかったのだから、冷静にもどるとすぐ身に感じられた。 ...
  • 医者が言うには、「これは気の病で、何か心に思っていることがかないさえすれば、きっと全快する」のだとか。 ...
  • だが、成果のあがらなかった帰り道は、つい弱気の病にやられて疲れを二倍に感じてしまうのだ。 ...
  • そして怒り狂ったあまり、中気の病いで死んだ。
  • 流行病の方は山を越したか、あるいは、皆の気持ちが雷害へと向いたので、おさんの言葉を借りるなら「気の病」の方は鎮まってきたのかもしれない。 ...
  • 董紹は気の病と称して、洛州刺史の任を解くよう求めたが、孝明帝に許されなかった。 ...
  • 「他人が血を流すのを見てもなんでもありませんが、わしの血が流れると思っただけで、よくよく考えてみますと、気絶しそうですな」 その間、ブーランジェ氏は、おまえの気の病ももうおさまったのだから安心しなさい、といって下男を帰した。 ...
  • アトレウスはペロピアーの行為は産後によくある気の病だと考え、アイギストスを羊飼いから取り戻して自分の後継として育てた。 ...
  • 皇太子時代から気の病ゆえの奇行が目立ったという。 ...