きたなけれ

全て 形容詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • はなれといっても、いまはすっかり古くなってきたないものだけれどね。 ...
  • あるいはきたなくとも元の文章に朱を加えた方が早かったかもしれない。 ...
  • それはこのきたない顔と、いうことを聞かぬ手と足があったからです。 ...
  • 狭いきたない小路を通って、彼は私を一軒の壊れかかった家に案内した。 ...
  • なぜというに、わしは最後まできたない世界に生きておりたいからだ。 ...
  • しばらくしてから、鼻をたらした、ひどくきたない子供がドアをあけた。 ...
  • 「女って妙なもんさ」少し間をおいてから、きたない顔をした男が言った。
  • 世の中のこと、男女のこと、すべてが醜くきたなく見えるのであろうか。 ...
  • 女のほうでは、この帽子をむろん、ただのきたない帽子と思っている。 ...
  • 大人の嘘をわるいともきたないとも思つたことはありませんでした。 ...
  • あんな玄関番なんか、きたないことを想像するほか、仕事がないんだわ! ...
  • 彼はごつごつした、きたない手を延ばして少女を自分の方へ引きよせた。 ...
  • そこには、小林少年とは似てもつかぬ、きたない子供の顔があったのです。
  • そのあいだに、いちばん古くて、いちばんきたないパイプに火をつけた。
  • 今回は楽師の質が悪いとかで、音がきたなく、音楽物が多いだけにいかん。 ...
  • あの子はきたないかっこうはしていたけれど、とてもいい子どもだね。 ...
  • 痩せて皮膚のきたない、きつねのような顔をした四十くらいの女中でした。 ...