がさがさという音

17 の例文 (0.00 秒)
  • がさがさという音と、ときおり椅子のきしむ音だけが聞こえてくる。 ...
  • 庭のどこかでがさがさという音が低くひびいた。 ...
  • すると、籠の中でがさがさという音がした。 ...
  • それからまた暫く歩いていると、路傍の荊棘いばらの中でがさがさという音がしたので、余は驚いた。 ...
  • 耳をすますと、がさがさという音は庭さきの空地の方から低く響いてくるらしい。 ...
  • と、突然、右手からがさがさという音が聞こえた。 ...
  • シルクが下生えの奥を動き回っているがさがさという音に耳をすましながら、一行は待った。 ...
  • わたしの家の庭内で毎晩がさがさという音が聞えるというので、女中たちはまた怖がりはじめた。 ...
  • 二、三日まえ、あの男が崖のうえを通りかかると、この庭で、何やらがさがさという音がする。 ...
  • わたしの家の庭内で毎晩がさがさという音が聞こえるというので、女中たちはまた怖がりはじめた。 ...
  • がさがさという音がした。 ...
  • 拝んでいるうちに何かがさがさという音がひびいたので、思わず背後うしろをみかえると、小さい蛇が何か追うように秋草の間をちょろちょろと走って行った。 ...
  • 海鳴りに、がさがさという音が混じりこんできた。 ...
  • 同じ村山口なる佐々木氏にては、母人ひとり縫物ぬいものしておりしに、次の間にて紙のがさがさという音あり。 ...
  • それがあわただしく駈け出して来たので、大勢はまたびっくりしてその子細を訊きますと、ただいま御主人と奥座敷で話しているうちに、何か庭先でがさがさという音がきこえたので、なに心なく覗いてみると、二匹の大きい蟹が縁の下から這い出して、こっちへ向って鋏をあげた。 ...
  • がさがさという音と、水流の音だけが響く。 ...