かんろ煮

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • また佃煮や甘露煮にしたり、身をほぐして炊き込みご飯の具とする事もある。 ...
  • 食用になるが、小骨が多いのでよく煮るか甘露煮などにするのが適している。 ...
  • あまり食用にはされないが、オイカワと同じく甘露煮や唐揚げなどに利用される。 ...
  • その台所の座敷に、鯉の甘露煮などを盛りつけた月弥の夕餉ゆうげが用意されていた。 ...
  • 甘露煮にした瓶詰も作られて販売されている。 ...
  • 日本にイチジクの甘味が強い甘露煮を作る地方もあるが、これは保存食にするためである。 ...
  • ただし、日本ではフキの甘露煮を乾燥させたものを代替品とすることもあり、日本ではこれも同様に呼ばれる。 ...
  • クリやキンカンなどの果物類を砂糖で甘く煮たものも、甘露煮と呼ばれる。 ...
  • 座敷のテーブルには、タカハヤの甘露煮やウデジカの味噌和みそあえがならぶ。
  • それから鮎の甘露煮かんろには先ず鮎を白焼にしておきまして酒と湯と等分にしたもので二時間以上弱い火にかけて湯煮ます。 ...
  • 帰る時、母親は昨日からたんせいして煮てあったふなのかんろ煮を折りに入れて持たせてよこした。 ...
  • にしんそばは、かけそばの上に身欠きニシンの甘露煮を載せたもの。 ...
  • 琵琶湖周辺などでは稚魚の氷魚の佃煮や、成魚の甘露煮も名物として製造販売されている。 ...
  • ことに、野菜は薄味でないと、自然の味を壊してしまうのに、わざと甘露煮のようなものをつくって、喜んでる。 ...
  • タナゴ類やモロコ類と同様に佃煮や甘露煮などの材料となり、加工されずに鮮魚として一般に流通することはまれである。 ...
  • 栗のケーキであることを示すために、その上に半分に切ったマロングラッセ、あるいは甘露煮の栗が一片載せられることもある。 ...
  • 味をつけて冷たく仕上げた鳥の肝、魚の甘露煮など、そこに並んでいたのは都会でしか望めない贅沢な珍味ばかりだったのだが、少女にはあまり口に合わないようだった。 ...