かんびょう

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • あらんかぎりの力を尽して看病したという強い自信があったはずである。 ...
  • 夫人は老先生の看病をしたりそこの教鞭を取ったりしておられるらしい。 ...
  • 父が息を引きとるまで、昼となく夜となく、彼女は看病してくれたのだ。 ...
  • 病気になれば看病してくれる者もなくて死んでゆくよりほかはありません。
  • 二人の看病は心がこもっていましたが、特別というほどではありません。 ...
  • でもちょっとして、前川さんの両親が帰ってきたので看病役を交代した。 ...
  • いくらなんでもそんなに長く父親の看病にあたっているわけにはいかない。 ...
  • 高熱で倒れているあいだ、ずっと看病をしてくれていたに違いないのに。 ...
  • たれかがそのそばについて看病かんびょうして世話してあげなければなりませんでした。 ...
  • リヴォニアの貴族の看病をしながら、仕事をするつもりだったのである。 ...
  • 二日続きの看病のせいでからだが疲れきっているのは事実だった。 ...
  • 翌朝起きた時、ビルは徹夜で看病をした母の膝の上で冷たくなっていた。 ...
  • どうかここにいて、私に、あなたの看病をつづけてさせてほしいのだ。
  • そうした看病も、勘蔵や卯之吉の目を避けてやらなければならなかった。 ...
  • 心のどこかで兄が看病してくれているという事実を喜ぶ自分もいたはずだった。 ...
  • 看病されるほどのものでもないから、こうして一人で休んでいるんだ。
  • 娘たちはきっと舞踏会に行くのを止めて、わしを看病するでしょうからな。 ...