かれの一挙一動

4 の用例 (0.00 秒)
  • そして、その小さな目はかれの一挙一動にすえつけられたままでいたが、それが陰気な憎しみからなのか、油断のない好奇心からなのか、かれには見当もつかなかった。 バローズ/関口幸男訳『栄光のペルシダー』より引用
  • ボヴァールは、タラグがあとをつけてきたということも、それがすぐ後に横たわってかれの一挙一動を見守っていることも知らなかった。 バローズ/佐藤高子訳『ペルシダーに還る』より引用
  • かれの一挙一動が、どのくらい衆人の環視にあったか、それは明治以前のこの国の、西洋人に関するふしぎな迷信を知らない人には、ちょっと想像もつくまい。 ハーン/平井呈一訳『心』より引用
  • かれがそうしているあいだ、マンモスの目はたえず、かれのほうにむけられ、かれの一挙一動を見守っていた。 バローズ/関口幸男訳『栄光のペルシダー』より引用