かるく頭をさげ

18 の例文 (0.00 秒)
  • 連れの少女はかるく頭をさげ、物問いたげな視線で、じっと彼を見つめた。 ...
  • 百姓のおやじもかるく頭をさげると、これまた、そわそわと駅を出ていった。 ...
  • マリオンは、かるく頭をさげただけで、ほとんど何もいわなかった。 ...
  • 彼がふと前をみると先ほど事務室の北側の壁のところに坐って、じっと彼をみつめていた一等兵が、食台の向う側の隅の寝台のところにかえってきていて、彼の方にかるく頭をさげて、何か一種の挨拶をした。 ...
  • それから、どうも、お役にたてませんでしたな、とひとりごとのようにつぶやいて、かるく頭をさげた。 ...
  • かるく頭をさげ、どこまでもマジメな口調でいう。 ...
  • おりから制服警官があらわれて、何やら指示を求めたので、由紀子は岸本をうながし、かるく頭をさげた私に目礼もくれいを返してその場を去った。 ...
  • 磯川警部もかるく頭をさげると、探るようにちらと私たちの顔を見たが、すぐその視線をそらせると、そっぽを向いてしまった。 ...
  • 町田氏は、 「何とぞよろしく」とかるく頭をさげたが、とても安心したようには見えなかった。 ...
  • 小さなコップに丸るく盛花にして千世子はしのび足をする様にして達ちゃんのマドンナの絵のはってある机に置いて、格子のかげでのぞきながら笑って居る主婦にかるく頭をさげて部屋に入ってしまった。 ...
  • 「今晩は、ダンス」と、リヴジー先生はかるく頭をさげて言った。 ...
  • 等々力警部は珍しそうにその小筥を眺めていたが、やがてニコニコしながらまえへ差し出すと、篤子は無言のままかるく頭をさげてそれを受け取り、鼻紙袋のなかにしまいこむと、かわりに一冊の小冊子を取り出した。 ...
  • 藤孝、上段へかるく頭をさげ、やがてその目録を読みあげた。 ...
  • 私はかるく頭をさげた。 ...
  • 榊はかるく頭をさげ、 「すみません、夜中に起こしてしまって」 と詫びた。 ...
  • ガリガリガリ、ブルブルブルンと、ひどい音をたててエンジンがかかり、イサオは道に立っている正子にかるく頭をさげた。 ...
  • 彼はすぐにベネット嬢に話しかけていんぎんに回復を祝し、ハースト氏もかるく頭をさげて「たいへんうれしい」と挨拶しました。 ...