かみかみ

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 私の説明の途中部分で、うどんをかみかみ、こんな返事をするのである。 ...
  • 気持ちばかりがいて、舌がうまく回ってくれず、かみかみになってしまう。 ...
  • 途中でそれで鼻をかみかみやってきたのである。 ...
  • 秋田氏は風邪を引いていると云って鼻をかみかみ出ていらっした。 ...
  • かきかきと骨を歯でかみかみしながら、耕太とちずるのほうを向く。
  • そのもくもくと立ち上る湯気は、思ったままの感情を並べて吐き出す言葉で、僕はかみかみになりながら、言い訳をするみたいに理由を口にしている。 ...
  • 目の前には、すっかり馬鹿になった自分が元の完全な頭だった時苦労して書いたもの、あつめたものを笑いながらやぶいて居る様子だの、夜着の衿をかみかみうめきながら死んで行く自分の心持を想像してどうしてもそれからのがれられないきまった時の様にボロボロ涙をこぼした。
  • 巨大な機械が二台、それに一人ずつ乗って、チューインガムをかみかみ、また煙草を横ぐわえして、ハンドルを握っている。 ...
  • 日本人がスープを飲むのに音をたてるといってとがめるけれど、同様に、もし日本人だけがトイレと浴室が同じであったり、公園で三時間も接吻のしつづけであったり、チューインガムをかみかみ歩くなどいう習慣を持っているとしたら、彼らは大ゲサに肩をすくめて見せるだろう。 ...
  • 今回も、グリーンベレーだかブラックベレーだかをかぶった外人さんたちが、ガムをかみかみ押し寄せてくるのだろうか。 ...
  • さしずめ、圧搾空気入りの椅子に腰をおろして、女の子の腰に腕をまわし、セックスホルモン・チューインガムをかみかみ、触感映画フィーリーでも見ているだろう。 ...
  • の巻第20集 かみかみ番長がやって来た! ...
  • 彼が爪をかみかみ、もの思いに沈みながら、庭園を横切り、南の門の影の中に吸い込まれてゆくうしろ姿を、さほど珍しくもないというように見つめている四つの目がある。 ...
  • ところが柏原の場合、口の中にあったうどんを飲み込む前に、うどんをかみかみ、昭和55年度後期最終戦こそ、自分の運命を変えた1試合だという。 ...
  • それはちょうどグレーハウンドが、野原を駆け回り、黄色いちょうをほえたり、麦畑のへりのひなげしをかみかみ、地鼠じねずみを追いかけたりするのに似ていた。 ...