かなり手ひどい

8 の用例 (0.00 秒)
  • こっちの言葉に耳を傾けさせるだけでも、かなり手ひどく殴りつけなければならなかったほどです。 R・エイヴァリー『ゼロスの戦争ゲーム』より引用
  • 貴任を感じているのだろう、真由の狼狽ろうばいぶりはかなり手ひどい。 鈴木大輔『おあいにくさま二ノ宮くん 01』より引用
  • ハルハ河西岸での戦闘で、ソ蒙軍の戦車がかなり手ひどい損害をうけたことも報告されている。 半藤一利『ノモンハンの夏』より引用
  • 図書室の、一番奥の書架のすそが戸棚になっていて、鍵がかけてあったのだろう、かなり手ひどくこわされていた。 赤川次郎『冬の旅人』より引用
  • 私も彼の親友たるに背かず、毎年この頃の新緑の時候になると、かなり手ひどい神経衰弱に罹るのが例である。 谷崎潤一郎/種村季弘編『美食倶楽部 谷崎潤一郎大正作品集』より引用
  • それももっとも、かなり手ひどいコキ下ろし方なのだ。 三上於菟吉『雪之丞変化』より引用
  • そして御者ぎょしゃ台に陣取っていたいかめしいひげのえた御者が、かなり手ひどくぴしゃりと鞭で彼を打った。 ゴーゴリ/原久一郎訳『隊長ブーリバ』より引用
  • かなり手ひどくからかっている。 井上ひさし『手鎖心中』より引用