かつて同局

28 の用例 (0.00 秒)
  • このような構成はかつて同局で放送された『未来創造堂』と共通する。
  • ゼロの世界は、ニッポン放送の制作で、かつて同局の夜の時間帯で放送されていたラジオ番組である。
  • また、かつて同局で深夜に放送されていた「しんドル」の流れを汲んでいるともいえる。
  • かつて同局で放送していた『ドラマの風』では、案内役として出演するかたわら、一部の回で原作や脚本を担当していた。
  • なお、かつて同局で人気番組を持っていた伊集院光は、編成局などと喧嘩し番組降板したためこのマイクリレーに呼ばれずショックを受けたと後に発言している。
  • なお、コーナー中で使用されるジングルおよび効果音は、かつて同局で放送されていた「スターどっきり報告」と同一のものを使用している。
  • そのため、テロップの位置や大きさもかつて同局で放送されていた『ひろしまQ』と同様に変更されている。
  • 福井放送では、かつて同局が『欽どこ』の遅れネット枠として使用していた土曜22時台で放送された。
  • なお、本稿ではかつて同局を運営していた株式会社京都ケーブルコミュニケーションズについても併せて記述する。
  • なお、当初の番宣CMのBGMにはかつて同局で放送されたアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の次回予告で使用されたものと同じものを使用していた。
  • また番組タイトルはかつて同局で放送されていた『ヤンヤン歌うスタジオ』を継承しており、ヤンヤンシリーズでは事実上5作目となる。
  • 明石家さんまと所ジョージが共演する特別番組はかつて同局で放送されていた『さんま・所のオシャベリの殿堂』以来となる。
  • また、渡辺は本作の監督には自身がかつて同局のドラマ『刑事一代 平塚八兵衛の昭和事件史』でタッグを組んだ石橋冠を、相手役には永作博美を指名した。
  • 日本テレビと、かつて同局でディレクターを務めていた牛山純一主宰の日本映像記録センターの共同製作番組で、トヨタ自動車およびその関連企業から成るトヨタグループの単独提供で放送されていた。
  • フジテレビの月曜20時台では、それまで中断を置きながらもドラマが放送されていたが、ドラマを一旦中断し、かつて同局で放送されていた『地上最大のクイズ』をリバイバル、それも親子ペア参加という形式で開始することとなった。
  • この番組は、かつて同局で放送されていた『できるかな』の後番組として「身近にあるもので工作をする」や「番組の出演者がその工作を使って遊ぶ」というコンセプトを引き継いでいる。
  • 「笑待席」というタイトルは、かつて同局の1968年に放送された『笑待席』や、1969年に放送された『夜の笑待席』で使われていた。
  • その名の通り毎回2組の寄席芸人が出演し、寄席芸を披露していた番組で、かつて同局で放送された『お茶の間寄席』などと同系統の演芸番組である。
  • 当時「だっちゅーの」のギャグでブレイクしていたパイレーツの浅田好未と西本はるかを看板出演者に起用していたが、彼女たちはコーナー出演者という扱いであり、実質的な司会を担当していたのはかつて同局金曜深夜のクイズ番組『サエラの好奇心』にも出演していた恵俊彰と見栄晴だった。
  • 当初は女性タレントを軸に選考が行われ、その中で番組初期からの常連歌手であり、またかつて同局系にて放送されていた『ゴールデン歌謡速報』を始めとして、司会者としての実績も豊富な由紀さおりが最有力候補としてピックアップされた。
  • 次へ »