かち取り

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • しかも、その大部分は自分のかけひきと才能によってかち取られたものなのだ。 ...
  • それも車やロープウェイで駆け登って来たのではなく、一歩一歩自分の足でかち取った眺めである。 ...
  • それをなんとか自分の胸に押しこんで、妻や子のために繁栄をかち取ろうとしている。 ...
  • 一万年昔、わたしは永遠の生命をかち取るために死んだのよ! ...
  • しかし、それは特権としてあるものでなく、かち取るものだろう。 ...
  • 私はこの顔色を変えたいとは思いません、 ただ、私の女王様、あなたのお心をかち取るためにならば別ですが。 ...
  • ヘンリーは重体で意識も混沌としていたが戦場を離れず、イングランドの勝利をかち取った。 ...
  • だが気をつけて親切にしてやり、肉を食べるときは必ず分け、手から食物を食べさせることによって、ついには二頭の信用をかち取ったのだった。 ...
  • より多くの夢と驚きを企画に盛りこんだほうが、万博プロデューサーの栄冠をかち取るのだ。 ...
  • 自分の釈放をかち取るために、自分自身も小さくない役割を演じたということは、いい思い出になるだろう。 ...
  • 幕府から大赦をかち取ったものの、八郎はなお幕府の監視下にあるびようたる孤士であった。 ...
  • 生きていくための現在をかち取っていくだけで精一杯の生活に過去の追憶や怨念おんねんをかえりみる余裕はなかった。 ...
  • とにかく今、耕作は、独力で師範学校卒と同じ資格をかち取ったのだ。 ...
  • いうまでもないが、その軍事上の必要による要請というのが、いつもきまって、労働者たちが一九三六年に自らかち取ったものを譲り渡すこと、を意味するようだった。 ...
  • 彼らは上流人らしく見せようと苦心し、世間の尊敬と信用をかち取ることに汲々きゅうきゅうとした。 ...
  • しかしながらラッソが最も広い範囲にわたって永続的な名声をかち取ったのは、宗教的なモテット作曲家としてであった。 ...
  • これまでの軍属としての実績に加えて、日本人の血をひいていることが、軍人たちの信頼をかち取る、おおきな理由になっている。 ...