かけちがえ

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 何もかもが互いに矛盾し、互いにかけちがい、どこにも確実さがありません。 ...
  • 高名は以前から耳にしていたが、何度か青城を訪れながらもずっとかけちがっていた。 ...
  • あまりに人々と自分との考え方はかけちがっている。 ...
  • これまではかけちがってお会い出来ませなんだ。 ...
  • しかし両人これまでかけちがって、直接ったことがなかったかも知れない。 ...
  • 最初のボタンをかけちがえたら最後のボタンまで狂うのはやむを得ないことだからである。 ...
  • あたしかけちがって、最初に会ったの、もうデビューしてひと月くらいだったけどね。
  • そのために、三週間前に伊奈が見て覚えている印象とは、かなりかけちがって見えたのだ。 ...
  • 彼はかけちがって私の所へ来ているとて留守。 ...
  • それからかけちがって藤井とは逢う機会がありませんでした。 ...
  • 毎日毎日郡長やヴァルノ氏やその他この家の来客たちが、最近自分たちが目撃してきたことどもに触れていろいろと話す、その話のなかで、彼は彼らの考えがいかに現実とかけちがっているかということを見て取った。 ...
  • ついで、この手紙をポケットに入れながら、現実が理想とはひどくかけちがっているように思われたので、胸にチクリとした妙な痛みをちょっと味わっていた。 ...
  • いえ、てまえどもはかけちがって、ごあいさつをしたことはございませんが、ご近所の評判で。 ...
  • ただ、彼らはいままで何度か囚獄署には来たが、かけちがってまだこの人物に逢ったことがなかった。 ...
  • いったい僕などは、もう三年も社にいるのですから、侯爵くらい有名な人には、一度くらいは是非会っていなければならないはずですが、ついかけちがって、一度も会ったことがなかったのです。 ...
  • それは、神さまのご意志とはかけちがってしまったが、彼女がわしの若い妻になるところだったあの朝、まだ少年だったきみのお父さんが、わしといっしょに、ただ一人の姉の臨終の床に、ひざまずいたためなのだ。 ...
  • あいにく朝と晩とにかけちがって寺田は存八の剣を見ておらぬから不審であろうが、存八は案外やるぞ。 ...