かかりあえ

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • そして、こういう事件にかかりあうとあとあとまで大へんだぞと思った。 ...
  • 現代的な無関心の上に、かかりあいになりたくない気持ちが加わったからであろう。 ...
  • かかりあいで仲に立った私も、こんなに困ったことはありアしない。 ...
  • 一瞬の間の騒ぎで、他の乗客たちはかかりあいにならぬよう、知らぬふりをしていた。 ...
  • しかし、いったんかかりあいになったとなると、こわいもの知らずだった。 ...
  • よしんばしめられねえまでも、おそらくかかりあうことにはなるて。 ...
  • 当時の人間のつねとして、かかりあいということを極端におそれる。 ...
  • あの恐るべき戦争のかかりあいになった国に勝利はなかった。 ...
  • そんなことをしたって、公爵になんのかかりあいもないじゃないか。 ...
  • 見たところ、ただ、かかりあいになるまいと、そればかり考えているかのようであった。 ...
  • そして、それを、かかりあいになるのを恐れた亀安が、人形のなかに隠したのだ。 ...
  • 友人はかかりあいになることをおそれている様子だった。 ...
  • それだからこそ、そこにかかりあう男女互の理解の内容や意味の進歩が重大になってくるのだと思う。 ...
  • けれど、自分のかかりあうことじゃないと思ってるのよ。 ...
  • たぶん、偶然ぐうぜんにこの事件じけんとかかりあいをつようになった、とるにりない人間にんげんで、かね目的もくてきですよ。 ...
  • かかりあいになると、おまえさんたちも当分渡世のさまたげになるよ。 ...
  • いまでもそうだが、江戸時代にはかかりあいになることを、ひどくおそれたものである。 ...