かかえて笑いだし

18 の例文 (0.00 秒)
  • マムスが腹をかかえて笑いだし、ほかの野次馬もそれに声を合わせた。 ...
  • モージロン氏が出ていくが早いか、ジュリヤンは腹をかかえて笑いだした。 ...
  • 呆気あつけにとられていたタエコがいきなり腹をかかえて笑いだした。 ...
  • これがふだんなら、私は腹をかかえて笑いだしていたろう。 ...
  • 恐怖から解放されたドロシーは、腹をかかえて笑いだした。 ...
  • ナスターシヤは急に腹をかかえて笑いだした。 ...
  • 彼の心の中では、おかしさと無念さか戦っているらしかったが、不意に、おかしさのほうが勝ったとみえて、彼は腹をかかえて笑いだした。
  • 金田一耕助はしばらく唖然あぜんとして、じぶんの名前を見つめていたが、急にぷっと吹きだすと腹をかかえて笑いだした。 ...
  • 表へとびだすと腹をかかえて笑いだしたが、こちらは家のなか、風雲いまだまったくおさまったというわけではない。 ...
  • 三人とも腹をかかえて笑いだし、バルチテリウムの首にまたがっている調教師さえも、吹き出したのであった。 ...
  • 彼女の運命を支配するのが底意地わるい神々だとしたら、腹をかかえて笑いだすにちがいない。 ...
  • 彼の顔のなかでおかしさとくやしさが、あい争っているらしかったが、ついにおかしさのほうが勝をめたとみえて、とつぜん腹をかかえて笑いだしたのである。 ...
  • こういうふうにして、即座にもちあがった相談がまとまると、ヴェジアンは腹をかかえて笑いだした。 ...
  • それをロマンティックなどというのは当たらない、このあとでみながおなかをかかえてわらいだすようなことがもち上がり、おかげで一同はふたたび正気にたち返ることができた。 ...
  • 彼はベルナボが自分の妻に対する最後の讃辞を聞いて、腹をかかえて笑いだし、さもあざけるように、それでは伺うが、他の人々を全部さしおいて、皇帝はあなただけにこうした特権をあたえられたのですかと尋ねました。 ...
  • ところがポルフィーリイが、ラスコーリニコフも笑っているのを見て、いよいよおさえがきかなくなり、顔を真っ赤にして腹をかかえて笑いだしたとき、ついにラスコーリニコフの嫌悪けんおはいっさいの警戒心を踏みこえてしまった。 ...
  • 哲朗だけが腹をかかえて笑いだす。 ...