かいよ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • これについては、カイヨの息子には何も言うわけにはゆかなかった。 ...
  • 釧路に引っ越して行ったカイヨの遠縁にあたる二十歳の若者である。 ...
  • もし反対に悪くなるようだったら、カイヨおやじの意見に従うと言うのだった。 ...
  • カイヨおやじとの契約の時期である聖ヨハネ祭が近づいて来た。 ...
  • そしてバルボおやじはカイヨおやじにそれを認めてもらいたがっているようだった。 ...
  • それに、カイヨおやじのめいのひとりが好きになり始めていた。 ...
  • プリッシュ村のカイヨおやじが牛飼いにひとり引き受けようと申し出た。 ...
  • あまりびっくりしたし、あまりうれしかったので、どうしてもカイヨの末息子にその気持ちを話さずにはいられなかった。 ...
  • だが、その話をしないでは一日も暮らせなかったので、カイヨの息子やジャネとつきあって時を過ごした。 ...
  • 同時に天に向けたカイヨの銃口からぱっと赤い火が吹き、轟音が山いっぱいに轟いた。 ...
  • 「ここは父親の、その前の父親の、もっと前の父親の時代から住んでいたんだ」と、カイヨはどこまでも突っ張った。 ...
  • この娘はカイヨおやじの所へ来てランドリに話したいと言っても来なければ、バルボおやじの所に何ひとつ請求しに来るのでもなかった。 ...
  • カイヨおやじの土地は家の土地の続きだ。 ...
  • そしてカイヨは余分の作物をここにしまっておいた。 ...
  • というのは、若いナネットが、ランドリにとっては家族の次にいちばん仲のよいカイヨの末息子と婚約したからだ。 ...
  • 翌日、カイヨおやじに仕事をぜんぜんしなくてもいいと許しを得たので、自由のからだだと思い、朝も明けないうちにひどく早く出かけたので、これでは兄はまだ寝床にいるだろうと思った。 ...
  • それはマドロンの従兄いとこにあたる、プリッシュ村のカイヨおやじの末息子だった。 ...