かいび

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • その快美さは、彼本来の所有物を以てするときの数倍のものに感じられた。 ...
  • その間人は冷たい風をあおいでやって、眠りを一層快美なものとします。 ...
  • が、それから彼を襲い出した快美の感覚は、もはや描写するまでもない。 ...
  • 快美のきわみに女が悶絶する、その至境にお前さんが達したからじゃよ。 ...
  • するとそこから名状しがたい快美の感覚が神経を走って脳髄に送られるのだ。 ...
  • 私はその、すこしばかり快美な感覚のなかで、崩れてゆく自分をそのままにしていた。 ...
  • 即ちかかる場合の表現は何の快美なるリズムもない平坦の言葉となつてしまふ。 ...
  • 城之介自身も、このまえにはもらさなかった快美のうめきをあげたのもおぼえている。 ...
  • はそのとき、東西が熱鉄のようになって室内に充満するのを感じ、思わず快美の声をあげていました。 ...
  • ナスビが快美なりや否やはいずれH君にきいてみることにしよう。 ...
  • 苦痛の声ではなく、あきらかに快美のかぎりの声であった。 ...
  • 引っ裂いたような口が、笑っているとも見えたし、快美のきわみの表情とも見えた。 ...
  • 珍娘はこのような快美は未だかつてあじわったことがありません。 ...
  • 衛門は匡衡の答えを求めたわけではなく、ただ快美であることをそのように表現しただけだったかもしれない。 ...
  • 快美のためでもあったが、それ以上に、女の蕩漾とうようたる夢の世界と波長を合わせていたのだ。 ...
  • それが、苦痛で、微妙に言い得ぬ快美につながってゆくのもお由はもう教えられてしまった。 ...
  • しかし珍娘は今はもうそれも忘れて、ただ快美の中に魂の中天に飛びさるのを覚えているだけでした。 ...