お鉢が回る

18 の例文 (0.00 秒)
  • しかし、今度は自分にお鉢が回ってきたというわけさ、と言って笑った。 ...
  • なぜ素直に現王の直系に任せずに、自分にお鉢が回ってきたのだろう。 ...
  • 困った榎は橋本に相談し、私にお鉢が回ってきたというわけである。 ...
  • まさかそこで自分にお鉢が回ってくるとは予期していなかった僕は、慌ててしまった。
  • そこで、庭に入らなくても地中を調べられる僕にお鉢が回ってきた、というわけだ。 ...
  • それで俺にお鉢が回って来たという事らしい。 ...
  • ここでグリーナ王女がつまずけば、王子たちにもおはちが回ってくる可能性がある。 ...
  • そうすると結局自分におはちが回ってくることになる。 ...
  • それで愚僧にお鉢が回って来よりましたんじゃ。 ...
  • そこで遠藤にお鉢が回って来たというわけだ。 ...
  • それで俺におはちが回ってきた。
  • しかし髙寺とその監督の意見が衝突し監督が降板、急遽石田にパイロットのお鉢が回ってきたとのことである。 ...
  • 貝木の介入で予定が狂ってしまったからこそ、イレギュラーに私へとおはちが回ってきたと言える。 ...
  • そこで比較的ひかくてき早目に担当たんとうの仕事の終わるコラム受け持ちの月代に、おはちが回って来たというわけであった。 ...
  • だから、表の人間におはちが回ってくる。 ...
  • 皮肉なことに電子機械工業会の会長は、この当時、輪番制で松下社長の山下にお鉢が回っていた。 ...
  • 年回りからすれば自分にお鉢が回ってくる。 ...