お知り合い

193 の用例 (0.00 秒)
  • お知り合いになったのだって、つい最近だし、むしろ邪魔者扱いですよ。 内田康夫『日光殺人事件』より引用
  • それでその日から今まで、お知り合いのどなたにも話しませんでしたの。 オースティン/ハーディング祥子訳『エマ(下)』より引用
  • わたしが見るところじゃあ、この二人は、お知り合いじゃないみたいね。 赤江瀑『アニマルの謝肉祭』より引用
  • お知り合いになりたいと思わない男なんて地球上に存在しないだろ! 平坂読『ホーンテッド! 2』より引用
  • あのかたとお知り合いになってからまだ二週間たっただけですもの。 オースティン/伊吹知勢訳『高慢と偏見(上)』より引用
  • そんなお知り合いが大ぜいになったらわたしにはたいへんな損失ですもの。 オースティン/伊吹知勢訳『高慢と偏見(上)』より引用
  • 父とお知り合いの方たちがみなさん集まってこられるはずですのにね。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・齊藤重信『シャーロック・ホームズ全集(上)』より引用
  • それはイギリス清教のお知り合いからいただいたものでございましょうか? 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第07巻』より引用
  • あのう、つかぬことをお伺いしますが、父とは古いお知り合いなんですか? 恩田陸『ライオンハート』より引用
  • 有名人とお知り合いになって、ホテルのバーなんかで飲むことをおぼえた。 林真理子『ルンルンを買っておうちに帰ろう』より引用
  • まずお二人がお知り合いになった頃のことからおうかがいしたいのですけれども。 R・E・ハワード『大帝王コナン』より引用
  • という事はお知り合いになったのは学校ではありませんね。 奈須きのこ『月姫 アルクェイド・ブリュンスタッド』より引用
  • お知り合いになってまだ四ヶ月だけど、嫌いな物を見つけた時の表情はもうしっかり覚えた。 今野緒雪『マリア様がみてる 05 ウァレンティーヌスの贈り物(前編)』より引用
  • 自分のこと、たとえば、仕事や買物やお知り合いや友だちなどについて。 フォス『日本の父へ』より引用
  • また相互にお知り合いの方は一人もおられません。 森村誠一『夢の原色』より引用
  • 裕人様とお知り合いになられて、その秘密を共有するようになった時からです。 五十嵐雄策『DVD「乃木坂春香の秘密」第4巻 初回限定版パンフレット 「はづきのひみつ」』より引用
  • できるだけ早く、新しいご近所の方々とお知り合いになりたいと思いまして。 モンゴメリ/神山妙子訳『アンの青春』より引用
  • ぼくは、この女性は、赤西先生のお知り合いではないかと、勝手に想像していたんです。 斎藤栄『まぼろしの完全犯罪』より引用
  • そうすると画家さんなんかにもお知り合いがございましょうね。 横溝正史『刺青された男』より引用
  • そのお知り合いという言葉の調子に、好奇な響きを感じた。 泡坂妻夫『湖底のまつり』より引用
  • 次へ »