お忘れなきよう

17 の例文 (0.00 秒)
  • しかし、自分はいつでも娘を連れ出すことができるという点をお忘れなきよう。 ...
  • なお、部下の方ふたりをお連れになるのを、お忘れなきよう。 ...
  • それをお忘れなきよう。 ...
  • お忘れなきように! ...
  • あなたが多くの人の上に王そして支配者と成り得たのは、自分の行いによってではなく、溢れんばかりの神の恵みによるものであることをお忘れなきように。 ...
  • ただ、お忘れなきように。 ...
  • そして軍規は、監察宇宙軍艦船が外国の港に停泊中、かならず一名の士官を乗艦させておくよう求めていることをお忘れなきように願います!
  • けれども御身の上なるアッラーにかけて、おお、わが御主人よ、私は明朝起きて、あなたをわが家の外までお送りいたしかねるでしょうから、どうか家をお出になる際には、後ろの戸をよく閉めることをお忘れなきよう、お願い申します。
  • ホレイショー まさにそのホレイショー、つねに変らぬ忠僕ちゅうぼくをお忘れなきよう。 ...
  • 「まぁ、そういうことでしたら」 「雪乃様をないがしろにするようなことがあれば、承知しませんわよ」 「しないって」 「その言葉、お忘れなきように」 二人が清海を置いてその場から離れようとした、そのとき。 ...
  • けれども、礼拝がおすみになったら、われわれの敷居に御来臨を賜わり、御交際をもってわれわれの精神を高尚にして下さることをば、どうぞお忘れなきよう願い上げまする。 ...
  • 「あなたさまが相続権をお継ぎになりますときは、最初にあなたさまにご挨拶申しあげたのがこのマルテでありますことをお忘れなきように」 バラクがどなり声をあげてつかみかかろうとしたが、老婆は杖で石段をならしながらすばやく逃げさった。 ...
  • 「では、これにて」 一礼した小田切が、 「三日後を、お忘れなきよう」 いい残し、立ち去って行く。 ...
  • しかしこの戦いの参加のため、ペルシア王ダレイオスはアテネに復讐を誓い、召使に毎日夕食時に3回「主人よ、アテナイ人をお忘れなきよう」と繰り返し言うよう命じた。 ...
  • ジャーリー夫人は、料金支払い所に坐り、正午から夜まで銀貨をジャラジャラと鳴らし、入場料はたった六ペンス、この蒐集物は、欧州の王さま方にみせる短い旅に出ることになっているので、出発は来週のきょうに、しっかりときめられているのをお忘れなきように、と群集におごそかに呼びかけていた。 ...
  • わたくし、 <山賊の首領> ことルディ・ヴェゲナーがあなたに忠誠を誓っていること、お忘れなきように。