お寒うございます

17 の例文 (0.00 秒)
  • まだお寒うございますからお大切になさいませ。 ...
  • 旦那様ムシュウお寒うございますか」従者ヴァレーがオムレツをテーブルに置いて訊ねた。 ...
  • 御上京後毎日のように雪ふりにて大へんお寒うございますが、お神経痛はいかがでお出で遊ばされますか。 ...
  • そこはお寒うございますから。 ...
  • 戸外そとはお寒うございますとか、お暖かでございますとだけは言へても、それから先きが頓とつづかないのだ。 ...
  • 今日は結構なお天気でございます、お寒うございます、私はあるがまま受け入れて決して人を小馬鹿にしない証拠に最も愛嬌よくニッコリ笑う。 ...
  • そこはお寒うございます。 ...
  • 「お寒うございますから」 すすめられて、小五郎は盃を受けた。 ...
  • 「お寒うございます」というのと大した相違はないが、その初時雨の降った時の景色を言い合って挨拶を交したのである。 ...
  • これは中世から近世にかけて上方から江戸に敬語が移入されたためであり、現在でも「お寒うございます」「ありません」などにその名残が見られる。 ...
  • 「ご遊山旅でございますか」 「まあザッとその辺だ」 「ご遊山にはお寒うございます」ちょっと皮肉な調子である。 ...
  • 「おはよう」とか「御機嫌よう」とかいう言葉の次に出るのは、「お暑うございます」「お寒うございます」という挨拶あいさつでございます。 ...
  • 「たいそうお寒うございますな」 「縁側のほうへお廻りよ、少しばかり古反古ふるほごを払いますから」 打ち見たところ、五人扶持ぶちぐらいな御小人おこびとの住居でもあろうか。 ...
  • 先生、お寒うございます。 ...
  • 「お寒うございますから、ウィスキーでも召し上がっておいて下さい」 走り出した車の中で、警部は上海シヤンハイ以来初めての、ジョニイウォーカーの、芳醇ほうじゆんな舌ざわりを楽しんでいた。 ...
  • 旦那、お寒うございます。 ...