おんな物

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • そのうしろから一人の兵士が女物の着物の包みをかかえて行きました。 ...
  • その証拠に、死んだ奥さんのもの以外だと、女物には全く興味がない。 ...
  • しかし完全に女物の店で、自分が浮いている気がしてすぐ出てきてしまった。 ...
  • 男の人が首元に結ぶカラーに使えそうだが、これはどう見ても女物だ。 ...
  • いや、女物の服を着た今、近くで見てさえ女に見えないこともない。 ...
  • もっとも女物のストッキングしでは、どんな顔をしても同じことだ。 ...
  • 半分を村長から受け取った田中は、男物と女物の反物を半分ずつ買った。 ...
  • それも女物の衣装はたいてい、ボタンがこれでもかというくらいついている。 ...
  • その傍らに置かれた女物の紙袋を指で示し、少年はゆっくりと左右に首を振った。 ...
  • 玄関にある下駄が皆女物で子規のらしいのが見えぬのが先ず胸にこたえた。 ...
  • 玄関には母親のものらしき女物の靴と、一子の靴が何足かあるだけ。 ...
  • 女物の香水こうすいを頭からかぶって来ても、私の余所よそ者のにおいは消えないだろう。 ...
  • 中味は女物の帯と小袖こそで類、それに様々な小間物が別にはこへ収めてある。 ...
  • 男物、女物の仕立ての違いはあるが、和穂と同じような道服を着ていた。 ...
  • 女物はその奥さんが何歳か、太っているか痩せているかまで調べた。 ...
  • その定義は明確ではないが、顔を隠すことと女物の服である事が絶対要件である。 ...
  • そして女物、男物をとりまぜ計六足の靴が座席の下に置いてあった。 ...