おひおひ

17 の例文 (0.00 秒)
  • おひおひ集まる人々の中には遠く東京よりわざわざせ参じた人もあつた。 ...
  • もうすこしぢつと辛抱してゐたら、おひおひ快くなるだらうと思ふ。 ...
  • ふくらんだ宝玉はおひおひにわたしの脳をかたちづくつた。 ...
  • おひおひからだおもくなり、あし一歩いつぽあるけませぬ。 ...
  • 参拝者がおひおひあつまつて来ました。 ...
  • おひおひにその間近く今にも背に手の触るるばかりなりし時、山の蔭にて柴を苅る翁に逢ふ。 ...
  • このとき殿内でんないりし常治彦とこはるひこも、頭角とうかくおひおひ発達はつたつして、いまここにあらはれたる第二だいに常治彦とこはるひこ分厘ふんりんなくなつてゐた。
  • この虎公とらこうはおひおひ宣伝使せんでんし感化かんくわされて心魂しんこんますますきよまり、つひに立派りつぱなる宣伝使せんでんしとなりたり。 ...
  • 歳暮もおひおひ近く相成候あいなりそうらへば、御上京なされ候日の、指折る程に相成候を楽み居り候。 ...
  • それも本所深川あたりの遠方からはじめ、 おひおひ市中いつたいにおよぼしてくる。 ...
  • 注込めといふ事なら、金銭かねはおひおひ注ぎ込むが。 ...
  • とはいへ今ではおひおひ結婚法も改まり世間に随分立派な御夫婦もござりますから、それらの方のありさまを見ますと、なぜ私は、ああいふ様に夫に愛せられ、また自らも夫を愛することが出来なかつたのかと、この指環に対しまして、幾多の感慨を催す事でござります。
  • ママやパパも洋服のやうに既に消化された愛称で、いまはその愛称で親を呼ぶ子供も、やがて大人になればその言葉の稚なさを恥ぢて自らお父さんと改めるかも知れず、そして忠臣蔵の好きな彼等は、おひおひに雲丹やこのわたまで喰べようとするであらう。 ...
  • いつしか下宿屋専業とはなりて、おひおひ広やかなる方に引移りたまひたれば。 ...
  • さうかうするうちに、天幕の中がおひおひざわつきだしてな、猶太人の女どもが水筒をガチャガチャいはせはじめ、そこここから煙の輪がたちのぼつて、温たかい揚饅頭の匂ひが野営ぢゆうに漂ひ流れた。 ...
  • 京坂の空気のつたわってこない段階の幕臣意識の発露がみえるのだが、「衆説承け合ひ、おひおひ申し上げ奉るべく候」とむすんで、その「衆説」をまとめるために招集したのが、この正月一四日の会議であった。 ...