おちてしまいまし

17 の例文 (0.00 秒)
  • そのうち頼光らいこうに二三つづけてりつけられて、くびはどんと下におちてしまいました。 ...
  • そんなわけで、私は長い間、全く失業状態におちてしまいました。 ...
  • 隅田川すみだがわにかかっていた橋は、両国橋のほかはすべて焼けおちてしまいました。
  • ボタンが なかったから ふくも ぜんぶ そのまま ぬげおちてしまいまして。
  • 帆村の体は、ごろりと一転して、どぶんと荒潮のなかにおちてしまいました??
  • トコちゃんは、くさうえに、ころがりおちてしまいました。 ...
  • 間もなく宴会の席に現われたイグレーヌ王妃のすぐれた美しさに、ユーサーは一目で恋におちてしまいました。 ...
  • いま申しあげましたお武家も、小縁でひとつポンとたたきますと、どうしたことか、煙管きせる雁首がんくびが水中へぽとりとおちてしまいました。 ...
  • 王妃は城の窓からパロミディスがやって来るのを見ますと、城門を固く閉ざしてしまいますが、パロミディスは馬を下りて城門に立ちますと、体をぴったりとつけ、眠りにおちてしまいました。 ...
  • 「アストラットの美しき乙女」といわれていましたが、ラーンスロットを一目見て熱烈な恋におちてしまいました。
  • そして、ごろごろころがっているうちに、ぼちゃあんと海中におちてしまいました。 ...
  • 全機は、それこそはやぶさのように猛然と怪塔ロケットのあとを追いましたが、相手はぶるんぶるんと首をふりながら、遂に海中にどぼんとおちてしまいました。 ...
  • すると、それだけでも耐えがたいことだったのに、そのうえズボンと上衣がするりと自分で脱げおちてしまいました。 ...
  • そこで、減量のため、思いきった減食を始め、六、七キロ減らすところまでこぎつけたのですが、その結果、栄養失調に近い状態におちいり、スタミナがすっかりおちてしまいました。 ...
  • そこでアーサー王は、カメラード王ロデグランスの王女グウィネヴィアに会い、たちまち恋におちてしまいました。 ...
  • あれよというまに豆潜水艇は、がたんとかたむき、そして次ぎの瞬間には、艇はくさりからぬけ、大きな水音をたてて、海の中におちてしまいました。 ...