おおわが兄弟よ

17 の例文 (0.00 秒)
  • そうすれば、おおわが兄弟よ、お望み通りのことにしかならぬでしょう。 ...
  • あなたは、おおわが兄弟よ、全く安心して私の帰るのを待っていらっしゃい。 ...
  • 実際のところ、おおわが兄弟よ、こうしたすべては何でもないことです、全く何でもないことですよ。 ...
  • かくて余は今日の身となったのじゃ、おおわが兄弟よ。 ...
  • また御商売は何ですか、おおわが兄弟よ。
  • なぜなら、御身に語ったところの後では、もう余は、御身に対する余の地位を誇る権利を覚えぬであろうからな、おおわが兄弟よ。 ...
  • おおわが兄弟よ、アッラーは悲歎のうちにあなたを支えたまい、あなたの魂を忘却をもって富ましめたまわんことを。
  • 苦悩は、おおわが兄弟よ、浄化する火であって、時の推移は誕生の盲目のまなこをいやすものじゃ。 ...
  • そのゆえにこそ、先ほど、私は平安の祈りと友情の言葉をもって、あなたに近づいたわけです、おおわが兄弟よ。 ...
  • 若者の猿の物語されば、おおわが兄弟よ、わが生涯の発端は、あらゆる点で、御身の経歴の最後と相似たものであった。 ...
  • 明りで照してさしあげてもよござんす、おおわが兄弟よ。
  • でもみなさん、おおわが兄弟よ、たまには汝のかわいいアレックスのことを思い出してもらいたいな。 ...
  • すると、おおわが兄弟よ、その護符の腕輪が余の指の間に落ちるや直ちに、王とその供奉ぐぶの手全部は消え失せて、余は豪奢な衣服を着て、王宮のただ中の、わが妻の部屋そのものにいるのであった。 ...
  • しかるに、おおわが兄弟よ、その息子の背は決して父の背ほど頑丈でなく、余はやがて、父の大きな革嚢の重きあまり、わが背中の骨を折ったり、生まれもつかぬ佝僂せむしになったりすまいがためには、その撒水の辛い業を棄てなければならなかった。 ...
  • その騎手がすぐそばに来たとき、ジャアファルは見ると、それは仁者アタフが「お停まりなさるな、おおわが兄弟よ、」と叫びながら、あとを追ってくるのでした。 ...
  • 爾余は回教信仰の神秘じゃ、おおわが兄弟よ。 ...