うつくしゅう

全て 形容詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 彼女かのじよのうつくしさは、少女の美そのものであるかのようにかがやいていた。 ...
  • ちょっと、うしろを向いて見ると、とてもうつくしい女の人であります。
  • あのうつくしい姿はわたしの網膜にこびりついてしまってはなれません。 ...
  • どうもそうらしい、はねの生えたうつくしい人はどうも母様であるらしい。 ...
  • 代訴人夫人は、彼が新しい制服で、うつくしい馬に乗って通る姿を見た。 ...
  • その女はうつくしい顔をしていたが、顔を横切って切り傷の痕があった。 ...
  • 日の光は秋風に送られて、かれがれな桜の霜葉をうつくしくして見せる。 ...
  • 月といえば、いつも地球のうえでうつくしくながめていたあの月だ。 ...
  • とてもわたくしにはその女のうつくしさをあなたにつたえる筆をもちません。 ...
  • 十四日の月がうつくしかつた、寝床でまともにその光を浴びつつ睡つた。
  • うもさうらしい、はねへたうつくしいひとうも母様おつかさんであるらしい。 ...
  • 子どもたちは、こんなうつくしいけしきを見たことがありませんでした。 ...
  • 赤いハトはすぐにうつくしい人里離れた谷へと飛び去り、そこへ下りた。 ...
  • そうした彼女の悩みを知った魔女がうつくし姫にある魔法をかけたのでした。 ...
  • うつくしい自然よりも、そのほうへたれの心もむかっていました。 ...
  • 青白い頬に微笑を浮かべた彼女は、自分の娘とも思えぬほどうつくしかった。 ...
  • それからまた海をわたってむこうのうつくしい国へいかなければならない。 ...