うちの女房

91 の用例 (0.00 秒)
  • うちの女房にょうぼうは、先生にお話しするのがいちばんいいだろうというのです。 ロフティング『ドリトル先生物語05巻 ドリトル先生の動物園』より引用
  • うちの女房のところにだって、電話がかかってこない週なんてないからな。 パトリシア・コーンウェル『検屍官』より引用
  • けれどそれだけではなく、やはりうちの女房は意外に男に人気があるようだ。 山本文緒『紙婚式』より引用
  • 男なんて、そのくらいのことで、うちの女房いい女房と思うもんだぜ。 遠藤周作『ぐうたら愛情学』より引用
  • 私も笑っていますが、うちの女房は測量士と一しょに駈け落ちしたんです。 ツルゲーネフ/佐々木彰訳『猟人日記(下)』より引用
  • それにしてもうちの女房かあちゃんはよっぽど、秩父に縁がねえんだいなあ。 樋口有介『ピース』より引用
  • ちょくちょく、うちの女房は夜明けの二時にやっと寝ついたと言うんだ。 シムノン/榊原晃三訳『メグレの途中下車』より引用
  • ねえ、手続きをはじめる前に、うちの女房と会って、話をしてくれたまえ。 トルストイ/木村浩訳『アンナ・カレーニナ』より引用
  • うちの女房は夫婦喧嘩げんかを見ると、すぐに真似まねしたがるんです。 赤川次郎『冬の旅人』より引用
  • うちの女房なら明日にでもやって見せるだろうがね。 ディケンズ/青木雄造・小池滋訳『荒涼館(2)』より引用
  • 君も知っている通り、うちの女房はばかばかしいほどにあの女が好きだったのだ。 キプリング・ラデャード『世界怪談名作集』より引用
  • 私たち三人の生みの母は、実は私のうちの女房であったのです。 太宰治『女神』より引用
  • 留守番をしていたうちの女房は何も知らずに家事をやっていた。 遠藤周作『それ行け狐狸庵』より引用
  • その話を聞いて、また出しゃばりなうちの女房が、口を出したんだ。 赤川次郎『悪妻に捧げるレクイエム』より引用
  • それをうちの女房はやるんで私は感謝している。 小野佐世男『恐妻家庭円満術』より引用
  • 「おや、うちの女房が来ているのかな」と、私はそう思ったくらいだった。 谷崎潤一郎/種村季弘編『美食倶楽部 谷崎潤一郎大正作品集』より引用
  • おれの音楽の才能を引き出してくれたのは、うちの女房なんだ。 ディケンズ/青木雄造・小池滋訳『荒涼館(2)』より引用
  • あなたの作品を、うちの女房と娘が奪い合いで読んでいますよ。 太宰治『女の決闘』より引用
  • これがうちの女房のいけねえところなんだ。 イネス/皆藤幸蔵訳『銀塊の海』より引用
  • だが今ごろは、うちの女房がすっかり持ちだしているよ。 スティーヴンスン/田中西二郎訳『宝島』より引用
  • 次へ »