うちけさ

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • と、無影は、一瞬、ある若者の顔だちを脳裏に描き、すぐにうちけした。 ...
  • たしかに俺はそれをおそれている、このことはうちけすことのできないことである。
  • ぼくは、自分のみょうな考えをうちけして、そのままうちに帰った。 ...
  • そのことでは、うちけすことのできない貢献をしている。 ...
  • 自分は『勿論もちろん』とも思ったが、それをうちけして友を安心させ、なおよろこばした。 ...
  • 「官費でいいから学校へゆきたい」 こうも考える、だがかれはすぐそれをうちけす。 ...
  • 彼の視線に気づいた新任の総参謀長は、相手の懸念をうちけすように悠然と笑ってみせた。 ...
  • しかし、和太郎さんがいくらうちけしてもむだでありました。 ...
  • ときどきわいてくる不吉ふきつな思いをうちけしながら、祭りの終わりとともに、一行はシェクを発った。 ...
  • 門をはいると並木路なみきみちで、馬車はふたたび落葉にわだちの音をうちけされ、両側から大きな老樹がえだを張って、うす暗くトンネルをなしていた。 ...
  • しかしその頭の中にどういう考えができていたにしても、それは牝狼にうちけされてしまった、牝狼が進みでて、ほんのちょっとの間鼻をつきあわせたが、やがて片耳が新たに前進する前に、また例のはじらいの後退をはじめた。 ...
  • 久助君は、じぶんのばかげた考えをうちけした。 ...
  • 政府はうちけしに大童でしたよ。 ...
  • 「それでは、おまえさまは、愚僧について歩いてもらいたいとおっしゃるのか」 「勘違かんちがいするな」 俺はなぜかドキッとし、あわてて相手の言葉をうちけした。
  • しゅんかん、黒いかげのさしたような不安にとらわれたが、そんなはずはないのだ、と、つよくうちけした。 ...
  • その腕の質量から発する加重を、ガンダムの機体は軽く腰をめぐらすことでうちけして、よろめかなかった。
  • エイロヌイへのあこがれと、今までしばしばひたかくし、うちけしさえしてきたエイロヌイへの愛が、今は洪水のようにふくれあがり、タランを旅へと駆りたてるのだった。 ...