うしろへうしろへ

17 の例文 (0.00 秒)
  • 左右にずっと並んでいる木立ちが、うしろへうしろへと走り去っていった。 ...
  • 真っ白なみずみずしい煙が汽車の灯に照らされてうしろへうしろへと流れてゆく。 ...
  • 薄く光る線路が、相変らずの暗闇の中をうしろへうしろへ遠ざかって行く。 ...
  • 試験場では、百人にあまる大学生たちが、すべてうしろへうしろへと尻込みしていた。 ...
  • 左側に見えるウルガ半島の荒涼とした海岸線が、すべるようにうしろへうしろへ流れていく。 ...
  • 試驗場では、百人にあまる大學生たちが、すべてうしろへうしろへと尻込みしてゐた。 ...
  • もうもうたる火煙かえんのため、わたしは通路をうしろへうしろへとさがらざるを得なくなり、暗闇の中に轟々ごうごうと音をたてて渦巻く水のほうへ近づいていった。 ...
  • 陸も、橋も舟も、みんなうしろへうしろへと飛んでいって、水が銀色の飛沫しぶきとなって、汽艇のうえから降ってくる。 ...
  • そのむこうから、たくましいソートにまたがった緑色人戦士の大部隊が、彼らをうしろへうしろへと追いつめているのだ。 ...
  • これらの人々の内心がどんなカラクリで昏迷していればとて、文化上のガンジーさんの糸車にしがみついて、人類の進歩をうしろへうしろへと繰り戻して行きたいのであろうか? ...
  • 山々はうしろへうしろへと積み重なって行くにしたがって、だんだんと黒ずみ、だんだんと野性的になり、やがて最後には峨々ががたる一つの峰となって西の空に高くそびえ立っていた。 ...
  • ゾンガーは操縦装置を入念にあらためておいてから、小甲板に出て、低い手すりごしに、うしろへうしろへと退いてゆく地上を見下ろしてみた。 ...
  • 同時に、パンシオン・ソモロフの古びた露台の手摺へふさって、すべての過去が自分の体ぐるみ、うしろへうしろへと遠のいてゆくようなせつな、絶壁にとりついてのこっている顔の前面だけは、どんなことがあってもしがみついているその場所からはがれないと感じた、あの異様な夏の夕暮の実感に通じるものでもあった。 ...
  • たちまちに、家康を、徳川の将兵が重なり合うようにしてかばい、そのうちの数名が大介の飛苦無にたおれるうち、家康は舟橋をうしろへうしろへと逃げ、ついに、飛苦無を撃ちつくした大介は、ふたたび長良川のながれへ飛び込み、必死で逃げるよりほかに手段はなくなっていたのである。 ...
  • 両岸の家も、あかりも、うしろへうしろへふっとんで、へさきに立った俊助や樽井記者は、ランチのあげるしぶきをあびて、もう全身ずぶぬれである。 ...
  • いつか列車はあまり停らなくなり、したがってあまり停電しなくなり、ほろのわきに赤いテール・ランプをぶら下げて、鈍く光る単線の線路をうしろへうしろへ繰り出しながら、「ケタタットット、ケタタットット」と走っていた。 ...